【速報】Audibleが3ヶ月無料キャンペーン中

日本は生きづらい?海外移住の不便さと日本の良さをお教えします

スポンサーリンク
留学・ワーホリ
スポンサーリンク
海外移住希望者
海外移住希望者

私は日本で生きていくのに疲れました。生きづらいので海外移住がしたいです。

よっち
よっち

いやいやそんなことはないですよ、日本をとっても良い国です。

私は、8年間ほど海外で生活して、「日本ほど良い国はない」ということを再認識しました。

日本で生活していた頃は自分も「日本は生きづらいな〜」と感じていました。

常識とか他人の目、仕事場での理不尽なこと、なんだか煩わしいことが渦巻いていたんですよね。

そして、その後海外に行って、「自由」とか「開放的」「人生楽しんでる!」っていう感覚を味わいました。

よっち
よっち

起こることすべてが新鮮でした。

でも、海外生活が長くなってくると、「あれ?なんか違うな」とか「なんだか不便だな」「日本だったらこうなのにな」 など悪い部分がだんだん見えてきました。

それと同時に、日本の素晴らしさが見えてきます。特に、久しぶりに日本に一時帰国した時は一つ一つの事に感動しました。

よっち
よっち

300円の牛丼にも感動です。

当たり前のことですが、「日本国籍であること」「日本語が使えること」「日本人が周りにいること」は思った以上にアドバンテージが高いということを理解しました。

日本が生きづらくて、海外へ移住したいと考えている方は、これからお話することを理解した上で海外移住を検討してみると良いと思います。

>> 【体験談】海外生活でストレスを感じる11の瞬間と7つの対処法

スポンサーリンク

短期滞在と海外移住の違い

まず最初に説明しておきたいのが、海外への短期滞在と海外移住は違うということです。

  • 短期滞在はいつか日本に戻るという前提での滞在。
  • 海外移住は生涯にわたって現地で生活する移住。

この違いははっきりとさせておきます。

自分は、海外へ短期滞在をしてみることはとても良いことだと思います。1~2年の滞在も短期滞在です。

英語を話して海外の人と交流し、現地の常識を知ることで日本にいた時よりも視野を広げることができます。

ですが、本格的に移住したいというのはお勧めできません

よっち
よっち

移民として他国で暮らすのは、デメリットが大きいです。

>> オーストラリア移住は不可能!!費用と仕事・デメリットを体験談で解説

海外移住しても問題ない人

以下の方は海外へ移住しても問題ないと思います。

  • ノマドワーカー
  • 資産家
  • 起業家

このような方は自分でお金を生み出す能力があるので、どこで生活しても生きていけます。

日本へ戻る決断も柔軟にできますね。

でも、ほとんどの方は現地で仕事探さなくてはいけません

よっち
よっち

移民の方ができる仕事は限られています。

ワーキングホリデーから始める

海外移住を始める前に、海外生活はワーキングホリデーから始めてください。

ワーキングホリデービザとは、指定の国で自由に過ごせるビザです。学校に行っても働いても、何もしなくても1年間滞在できます。

よっち
よっち

条件は「日本国籍を有する18歳から30歳までの人」です。

ワーキングホリデービザでその国へ行って気に入れば移住を考えれば良いです。

ワーキングホリデーができない年齢なら、観光ビザで制限いっぱいまで滞在するといいと思います。 オーストラリアなら3ヶ月間観光ビザで滞在できます。

>> ワーホリ出発時期と最適なタイミングはいつ?

>> ギリホリは意外と多い?30歳からワーホリに行く利点とは?

スポンサーリンク

日本は生きづらい?海外移住する前に知りたい日本の良さ

短期滞在と海外移住の違いを理解していただけたところで、ここからは、なぜ日本での生活が最高なのか、海外と比較して日本は素晴らしい理由を解説していきます。

日本の食事

日本食の素晴らしさについては言うまでもありません。

長く日本で暮らしてきた我々は、日本の日常的な食事や味付けに慣れています。海外ではその日本食が気軽に食べられないので日常的なストレスになります。 

また、海外では日本のようにお弁当やお惣菜を手軽に買うことができません。

外食をしようと思っても海外の日本食レストランは高いです。ラーメン一杯でも1500円ぐらいします。

よっち
よっち

それでいてそんなにクオリティが高くなかったりするのでとても不安に感じます。

これは欧米諸国の話です。アジア諸国だったら日本に近い料理・味付けなのでこの問題は解決されると思います。

物価の安さ

日本は欧米諸国と比べると物価が安いです。

日本なら1000円以内で外食できても欧米諸国なら1000円を超えてきます

特に、日本食はちょっとした高級品です。オーストラリアで賑わっている日本式の焼き鳥居酒屋は、普通に飲み食いして6000円近くかかります。

よっち
よっち

海外では日本の料理に付加価値がついてさらに高くなります。

家賃も高いです。

もちろん場所にもよりますが自分が暮らしていたオーストラリアは、シェアハウスの家賃が日本の学生の一人暮らしと同等でした。

あと日本の100均はオーストラリアだと2.8ドルです。

このように物価の高い面もありますが、海外の方がフルーツや食材が安かったりするので一長一短です。良い面も全然あります。

治安の良さ

日本の治安の良さは世界的に有名ですね。財布が落ちていても交番に届けてもらえる国民性です。

これは普通のことではありません。

海外ではスリや観光客向けのぼったくりは日常的に起こります

ヨーロッパではスリが多かったですし、アメリカやカナダの街はホームレスや薬物中毒者がうろうろしてとても危なかったです。

なので、外出するにも緊張感がありました。そして、危険な目にもたくさんあいました。

よっち
よっち

留学生に薬物を売りつけてくる人もいるので注意してください。 

ですがその中でも、自分が一番長く滞在したオーストラリアは治安が良かったです。

高度な医療と健康保険制度

日本の医療は世界的に評価が高いです。

日本ではその医療を「国民皆保険制度」によって、保険証さえあれば、「いつでも」「誰でも」必要な医療サービスを受けることができます。

これは日本人にとって当たり前のことですが、海外はそうではありません

よっち
よっち

日本人はとても恵まれていることなのです。

オーストラリアの医療制度ではどんな症状であっても、最初に GP と呼ばれる「総合医療医」に行きます。

そこで診察を受け、必要とあれば専門医を紹介してくれます。

基本的に GP は予約が必要です。英語を話せない方は日本語通訳者が常駐している GP に行きます。

よっち
よっち

自分が海外にいた時は、体調が悪くなってもなるべく自力で直しました。日本なら気軽に行けた病院も海外ではそうはいきません。

日本の便利さ

日本はとても便利な国です。

街中に自動販売機があり、コンビニはどこにでもあります。飲食店では日本人が好む味付けの料理が低価格で食べられます。

インフラ整備も整っているので、どこにでも短時間で移動できます。

あと身近なところで、トイレがどこにでもあるというのも素晴らしいところです。

海外では防犯や管理費の観点から、自由にトイレが使えなかったり、そもそも公共のトイレが設置されてないです。

あと日本はほとんどウォシュレットですよね。日本はどこにでもありますが、海外では普通のことではありません。

よっち
よっち

日本は緊急時でも近くにトイレがあるので助かります!

日本の歴史 

日本には長い歴史があります。単一国家でこれほど長い歴史があるのは世界的にもの珍しいです。

同じ島国でもオーストラリアはここ200年程度の歴史しかないです。アメリカでも500年程度ですよね。 日本は2000年以上の歴史があります。

そしてその長い歴史によって培ってきた文化や伝統などが現代でも受け継がれています。

よっち
よっち

日本が世界に誇れることで、日本人が胸を張って良いことだと思います。

日本の観光地

日本には魅力的な観光地がたくさんあります。

長い歴史を持つ建造物や、絶景、大自然などさまざまです。

よっち
よっち

日本は外国人からも人気の観光地です。

自分は世界中を旅してたくさんの絶景や歴史的建造物、世界遺産を見てきました。

いろいろ見てきた経験からいうと、日本は独自の歴史を持った魅力的な観光地が多いと思います。

日本人がそれらの観光地を旅行すると、歴史背景などもなんとなく理解できるのでより楽しめます。

日本語で深い情報交換ができる

日本語を使ってコミュニケーションをとると深い情報交換をすることができます。
会話の中で内容を深掘りできますし、情報交換のスピードも速いです。

日本語はそれなりの教養があれば難しい話でも理解できます。レベルの高い会話ができれば自分の知識量が自然と上がっていきます。

一方で英語になると、浅い会話になることが多く、コミュニケーションによる情報量は多くありません。

そして、日常会話レベルの英語力があっても難しい会話になると理解できないです。

もちろん個人差はありますが、一定の英語レベルを超えない限りその程度だと考えていいと思います。

よっち
よっち

深い情報交換ができる英語レベルになるには相当な勉強が必要です。

>> 初心者から始める英語勉強法

海外と日本の友人関係

海外では海外の友人関係やコミュニティが形成されます。もちろんその中には日本人もいます。

よっち
よっち

自分は海外にいた時に、仲良くなるのは日本人が多かったです。

日本語はストレスなく話せて安心するのです。また、日本人という同族意識と気質が同じなので仲良くなりやすいです。

その時にいつも困っていたのは、海外に住む日本人は短期滞在者が多いということです。

仲良くなったと思ったら数ヶ月後には日本へ帰るので、新たな友人関係を延々に構築しなくてはいけないもどかしさがありました。

>> 留学先で試したい!友達の作り方と交友関係の広げ方

日本人が周りにいる

日本にいて、日本人が周りにいることはとても良いことです。

日本が生きづらいと感じている人はこの日本人が周りにいることが原因の一つだったかもしれません。でも最終的に頼れるのは日本人です。

よっち
よっち

海外でなにか困ったことがあっても「日本人だから」という理由で助けてくれます。

日本で何かあっても、「周りに日本人がいるから大丈夫」と潜在的に考えているはずです。

日本が生きづらいと思った原因は日本人との人間関係にあると思いますが、助けてくれるのも日本人です。

日本国籍であること

最後に、日本国籍で日本で生活することは大きなアドバンテージです。

人は皆どこかの国の国籍を持っています。そしてその国で生きる権利を与えられています。

国はその国籍を持つ人たちが幸せに暮らせるような政策を打ち出します。もちろんそれには税金も関係しています。

海外移住者はその国に国籍を持たない移民です。移民は自国民よりも良い権利を与えられません。

よっち
よっち

自国民が第一優先です。

なので、国籍を持つ国で生活するのが、一番有益に働くのです。

スポンサーリンク

【不便な海外移住】生きづらい日本で生きる選択肢

日本には以下のような悪いところはたくさんあります。

  • 満員電車
  • ブラック企業
  • 常識・価値観の押し付け
  • 古いしきたり
  • 閉塞感
  • 過剰な気遣い
  • 生きにくい社会

個人的な見解も混ざっていますが、これを見て「こんな日本から出て海外へ行ったほうがいい!」というのはちょっと行きすぎです。

海外には海外の悪いところがあります。

そして、海外では我々は移民です。移民には日本の仕事より良い仕事は見つかりません。

よっち
よっち

日本で働いている外国人と同じです。現地人がやりたがらない仕事をすることになります。

一時的に海外生活を体験してみるだけなら良いですが、それをずっと続けるのはどうなのでしょうか。

それなら日本で生活するのも悪くないはずです。

スポンサーリンク

今の生活が嫌なら地方移住という選択肢

「今の生活が嫌だ!」とか「環境を変えたい」というなら地方移住という選択肢があります。

何のあてもなく海外へ移住するよりも、日本の特権を大いに利用できる方法です。

地方移住での仕事はリゾートバイトが良いです。

リゾートバイトは、短期間で高時給が望めます。さらに、バイトさんは住み込み無料で、現地で観光しながらお金を稼ぐこともできます。

よっち
よっち

ワーホリの後にリゾートバイトを始める方も多いです。お金を貯めてまた海外旅行や別の国でワーホリへ行ったりしています。

そしてなにより、「日本は生きづらい」という気持ちを客観的に見つめる良い機会になります。

よっち
よっち

同じように感じている方もいるはずなので、意見を共有しても良いですね。

リゾートバイトは「アルファリゾート」が大手の求人サイトです。北海道から沖縄まで全国リゾートバイトを短期・長期含め500件以上掲載しています。

興味があればチェックしてみてください。

今回は以上です。日本を生きづらいと感じている方へ参考になれば幸いです。

【関連記事】留学・海外生活

留学・ワーホリ
スポンサーリンク
英会話習得マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました