【日本は生きづらいって本当?】海外移住の不便さと日本の良さ

スポンサーリンク
留学
スポンサーリンク
海外移住希望者
海外移住希望者

私は日本で生きていくのに疲れました。生きづらいので海外移住がしたいです。

よっち
よっち

いやいやそんなことはないですよ、日本をとっても良い国です。

私は、8年間ほど海外で生活して「日本ほど良い国はない」ということを再認識しました。

日本で生活していた頃は自分も「日本は生きづらいな〜」と感じていました。常識とか他人の目、仕事場での理不尽なこと、なんだか煩わしいことが渦巻いていたんですよね。

その後海外に行ってみると、自由」とか「開放的」「人生楽しんでる!」という感覚を味わいました。

よっち
よっち

起こることすべてが新鮮でした。

でも、海外生活が長くなってくると、「あれ?なんか違うな」とか「なんだか不便だな」「日本だったらこうなのにな」 など悪い部分がだんだん見えてきました。

それと同時に、日本の素晴らしさが見えてきます。特に、久しぶりに日本に一時帰国した時は一つ一つの事に感動しました。

よっち
よっち

安い牛丼にも感動です。

当たり前のことですが、「日本国籍であること」「日本語が使えること」「日本人が周りにいること」は思った以上にアドバンテージが高いです。

日本が生きづらくて、海外へ移住したいと考えている方は、これからお話することを理解した上で海外移住を検討してみてください。

2021年現在、未だ不安定な世界情勢が続いています。海外への留学を考えている方は「留学エージェント」を活用して最新の情報を集め、安全な留学プランを立てましょう。

スマ留で無料で留学相談

スマ留なら留学経験のあるカウンセラーへの留学相談がすべて無料で、さらに国別の最新情報が手に入ります。

気軽にオンライン・LINEで留学相談できるので是非活用してみてください。

年間利用者数5,000人以上!
スポンサーリンク

短期滞在と海外移住の違い

まず最初に説明しておきたいのが、海外への短期滞在海外移住は違うということです。

  • 短期滞在いつか日本に戻るという前提での滞在。
  • 海外移住生涯にわたって現地で生活する移住。

自分は、海外への短期滞在を経験してみることはとても良いことだと思います。1~2年の滞在も短期滞在です。

英語を話して海外の人と交流し、現地の常識を知ることで日本にいた時よりも視野を広げることができます。

ですが、海外移住したいというのはお勧めできません

よっち
よっち

移民として他国で暮らすのは、デメリットが大きいです。

海外移住しても問題ない人

以下の方は海外へ移住しても問題ないと思います。

  • ノマドワーカー
  • 資産家
  • 起業家

このような方は自分でお金を生み出す能力があるので、どこで生活しても生きていけます。

日本へ戻る決断も柔軟にできますね。

でも、ほとんどの方は現地で仕事探さなくてはいけません

よっち
よっち

移民の方ができる仕事は限られています。

ワーキングホリデーから始める

海外移住を始める前に、まずはワーキングホリデービザを利用して、海外への短期滞在を始めてみてください。

ワーキングホリデービザとは、指定の国で自由に過ごせるビザです。学校に行っても働いても、何もしなくても1年間滞在できます。

よっち
よっち

条件は「日本国籍を有する18歳から30歳までの人」です。

ワーキングホリデービザでその国へ行って気に入れば移住を考えれば良いです。

そのほか、観光ビザで入国して制限いっぱいまで滞在するという方法もあります。オーストラリアなら3ヶ月間観光ビザで滞在できます。

スポンサーリンク

日本は生きづらい?海外移住する前に知りたい日本の良さ

ではここからは、海外移住する前に知りたい日本の良さについて解説していきます。

日本の食事

日本食の素晴らしさについては言うまでもありません。

長く日本で暮らしてきた我々は、日本の日常的な食事や味付けに慣れています。海外ではその日本食が気軽に食べられないので日常的なストレスになります。 

海外では日本のお弁当やお惣菜を手軽に買うことができないですし、外食をしようと思っても海外の日本食レストランは高いです。

よっち
よっち

ラーメン一杯でも1500円ぐらいします(国による)。それでいてクオリティはそんんなに高くないです。

これは欧米諸国の話です。アジア諸国だったら日本に近い料理・味付けなのでこの問題は解決されるかもしれません。

物価の安さ

日本は欧米諸国と比べると物価が安いです。

マクドナルドを比較しても日本の方が安いですし、日本には100円均一のような安くて便利なお店もたくさんあります。

よっち
よっち

オーストラリアにあるダイソーは2.8ドル均一です。

そのほか、家賃も安いです。

もちろん場所によりますが自分が暮らしていたオーストラリアは、シェアハウスの家賃が日本の学生の一人暮らしの家賃と同等でした。

治安の良さ

日本の治安の良さは世界的に有名ですね。財布が落ちていても交番に届けてもらえる国民性です。

当然、これは普通のことではありません。海外ではスリや観光客向けのぼったくり日常的に起こります。

なので、海外では外出するにも緊張感がありますし、自分は危険な目にもたくさん遭いました。

よっち
よっち

ヨーロッパではスリが多かったですし、アメリカやカナダの街はホームレスや薬物中毒者がうろうろしてとても危なかったです。

何も知らない留学生に薬物を売りつけてくる人もいるので注意してください。

高度な医療と健康保険制度

日本の医療は世界的に評価が高いです。

日本ではその医療を「国民皆保険制度」によって、保険証さえあれば誰でも必要な医療サービスを受けることができます。

これは日本人にとって当たり前のことですが、海外はそうではありません

よっち
よっち

日本人はとても恵まれていることなのです。

オーストラリアの医療制度ではどんな症状であっても、最初に GP と呼ばれる「総合医療医」に行きます。

そこで診察を受け、必要とあれば専門医を紹介してくれます。

基本的に GP は予約が必要です。英語を話せない方は日本語通訳者が常駐している GP に行きます。

よっち
よっち

自分が海外にいた時は、体調が悪くなってもなるべく自力で直しました。日本なら気軽に行けた病院も海外ではそうはいきません。

日本の便利さ

日本はとても便利な国です。

どこにでもコンビニや自動販売機があり、飲食店では日本人が好む味付けの料理が低価格で食べられます。

よっち
よっち

インフラ整備も整っているので、どこにでも短時間で移動できます。

あと身近なところで、清潔なトイレがどこにでもあるというのも素晴らしいです。

海外では防犯や管理費の観点から、自由にトイレが使えなかったり、そもそも公共のトイレが設置されていないケースが多いです。

よっち
よっち

日本はほとんどがウォシュレットなのもありがたいです。

日本の歴史と観光地

日本には2000年以上の長い歴史があります。単一国家でこれほど長い歴史があるのは世界的にもの珍しいといわれています。

よっち
よっち

オーストラリアはここ200年程度の歴史。アメリカでも500年程度です。

そして日本には、この長い歴史によって培ってきた文化や伝統が現代でも受け継がれていて、関連した魅力的な観光地もたくさんあります。

日本語で深い情報交換ができる

当たり前のことですが、日本人が日本語で交流ができるというのは大きなアドバンテージです。

日本語ならそれなりの教養があれば難しい話でも理解できますし、より深く速いスピードで情報交換をすることができます。

よっち
よっち

ストレスなく話せるのも日本語です。

一方で英語になると、浅い会話になることが多く、コミュニケーションによる情報量は多くありません。

もちろん個人差はありますが、一定の英語レベルを超えない限りその程度だと考えていいと思います。

日本人が周りにいる

日本にいて、日本人が周りにいることはとても良いことです。

日本が生きづらいと感じている人は、これが原因の一つだったかもしれません。でも最終的に頼れるのは日本人です。

よっち
よっち

海外でなにか困ったことがあっても日本人は日本人を優先的に助けてくれます

日本が生きづらいと思った原因は日本人との人間関係にあると思いますが、最後に助けてくれるのも日本人です。

日本国籍であること

日本国籍を持って日本で生活することは大きなアドバンテージです。

人は皆どこかの国籍を持っていて、その国で生きる権利を与えられています。

そして、国はその国籍を持つ人たちが幸せに暮らせる政策を打ち出します。もちろんそれには税金も関係しています。

一方、海外移住者はその国に国籍を持たない移民です。自国民が第一優先なので、移民には良い権利を与えられません。

よっち
よっち

つまり、日本国籍を持つ人は日本で生活するのが一番有益に働くのです。

スポンサーリンク

【不便な海外移住】生きづらい日本で生きる選択肢

日本が生きづらいと言われるのは以下のような理由が考えられます。

✅日本が生きづらいと言われる理由
  • 満員電車
  • ブラック企業
  • 常識・価値観の押し付け
  • 古いしきたり
  • 閉塞感
  • 過剰な気遣い
  • 生きにくい社会

個人的な見解も混ざっていますが、これを見て「こんな日本より海外へ行ったほうがいい!というのはちょっと行きすぎです。

海外生活にも悪いところ、不便なところがたくさんあります。

そして、海外では我々は移民です。移民には日本の仕事より良い仕事は見つかりません。

よっち
よっち

日本で働いている外国人と同じです。現地人がやりたがらない仕事をすることになります。

一時的に海外生活を体験してみるだけなら良いですが、それをずっと続けるのはどうなのでしょうか。

それなら日本で生活するのも悪くないはずです。

スポンサーリンク

生きづらいなら地方移住という選択肢

今の生活が生きづらいなら地方移住という選択肢があります。

何のあてもなく海外へ移住するよりも、日本の特権を大いに利用できる方法です。

お金に余裕があれば、のんびり滞在しても良いですし、リゾートバイトで働くこともできます。

リゾートバイトとは、リゾート地に住み込みで働くアルバイトのことです。寮費・食費も無料で、高時給で稼げる求人もあります。

よっち
よっち

短い期間でも環境を変えて生活してみると、今までの生活を客観的に見つめる良い機会になります。

リゾートバイトは、リゾートバイト専門の求人サイト「アルファリゾート」をチェックしてみてください。

北海道から沖縄まで全国のリゾートバイトを短期・長期含め500件以上掲載しています。
高時給還元!2か月で50万貯まる!リゾートバイトなら【アルファリゾート】

今回は以上です。日本を生きづらいと感じている方へ参考になれば幸いです。

リゾートバイトなら【アルファリゾート】

アルファリゾートでは北海道から沖縄まで全国のリゾートホテル・旅館、ペンション、ロッジ、テーマパーク、スキー場等リゾートバイトの求人をリアルタイムでお届けしています。

短期間でお金を貯めることも可能!

2021年現在、未だ不安定な世界情勢が続いています。海外への留学を考えている方は「留学エージェント」をうまく活用して最新の情報を集め、安全な留学プランを立てましょう。

スマ留で無料で留学相談

スマ留なら留学経験のあるカウンセラーへの留学相談がすべて無料で、さらに国別の最新情報が手に入ります。

気軽にオンライン・LINEで留学相談できるので是非活用してみてください。

年間利用者数5,000人以上!

【関連記事】留学・海外生活

留学
スポンサーリンク
英語マイスター

コメント

タイトルとURLをコピーしました