【速報】Audibleが3ヶ月無料キャンペーン中

【ディスコースマーカーとは?】英文読解に必須な速読テクニック

スポンサーリンク
英語速読法
スポンサーリンク
英語学習者
英語学習者

ディスコースマーカーとは何ですか?英文読解に役立つ速読テクニックがあれば知りたいです!

このようなお悩みを解決します。

✅本記事の内容

  • ディスコースマーカーの基本情報
  • 英文読解に役立つ速読テクニック
  • ディスコースマーカーに関する参考書

皆さんはディスコースマーカーとは何かご存知ですか?

ディスコースマーカーとは、「シグナルワード」や「談話標識」、「論理マーカー」と呼ばれるように、後に続く文章の方向性を示すキーワードのことです。

論理的に文章を構成するのに、重要な言葉で英文の中にはこれらが巧みに散りばめられています。

今回は、そんなディスコースマーカーの基本情報についてお答えしつつ、英文読解に役立つ速読テクニックを解説していきます。

この記事を読むと、おすすめの参考書も理解できるので是非最後までご覧ください。

スポンサーリンク

ディスコースマーカーとは?

ディスコースマーカーとは、文と文の論理的関係を示すことば(接続詞・副詞(句)・前置詞句など)のことで、簡単にいえば、「この言葉がくれば、このような展開になるよ」という目印です。

このディスコースマーカーを理解できれば、文章の先の展開を予測でき、読まなくても内容が理解できるようになります。

よっち
よっち

速読には欠かせない技術です。

また、文章の流れがつかみやすくなるので、英文読解で一番大事な「筆者の主張」をつかみやすくなります。

代表的なディスコースマーカー

代表的な「ディスコースマーカー」には以下のようなキーワードがあります。

よっち
よっち

英文読解によく出てくるので必ず覚えておきましょう。

✅代表的な「ディスコースマーカー」

【逆接】but, however, although

【対比】on the other hand, while, meanwhile, one~ / another~, instead, by contrast

【具体例】 for example, for instance, firstly / secondly / finally

【追加】 in addition, also, moreover, besides, not only A but B

【言い換え】 in short, in other words, :(コロン);(セミコロン)

【結論】 as a result, after all, therefore, thus, so that, in conclusion

ディスコースマーカーの役割

「代表的なディスコースマーカー」の役割をそれぞれ解説していきます。

✅【逆接】のディスコースマーカー

代表的な逆接のディスコースマーカーは、「but, however, although」です。

この単語のあとには、筆者の主張が書いてあるケースが多く、英文読解で必ずチェックすべき重要な単語です。

よっち
よっち

逆説は対比で用いられることもあります。

✅【対比】のディスコースマーカー

代表的な対比のディスコースマーカーは、「on the other hand, while, meanwhile, one~ / another~」です。

対比は逆説と似ていますが、「一方で」とか「対照的に」などと軟らかい表現で、パラグラフの文頭や中間に用いられることが多いです。

✅【具体例】のディスコースマーカー

代表的な具体例のディスコースマーカーは、「for example, for instance, firstly / secondly / finally」です。

この単語の前には、「主張と理由」が記述されていることが多く、重要な文章であると推測されます。

よっち
よっち

主張と理由が読み解ければ、この具体例はそこまで重要な文章ではないと判断できます

✅【追加】のディスコースマーカー

代表的な追加のディスコースマーカーは、「in addition, also, moreover, besides, not only A but B」です。

よっち
よっち

前文の内容を補足したいときに用いられます。

✅【言い換え】のディスコースマーカー

代表的な言い換えのディスコースマーカーは、「in short, in other words, :(コロン);(セミコロン)」です。

この言葉のあとには、前文の要約や具体例が記述されていることが多く、筆者の主張が書かれていることもあるので必ずチェックしておきたいです。

よっち
よっち

英文読解では、この言葉の前後が空欄の穴埋め問題になることも多いです。

✅【結論】のディスコースマーカー

代表的な結論のディスコースマーカーは、「as a result, after all, therefore, thus, so that, in conclusion」です。

この言葉の後には、文章のまとめや筆者の主張が記述されているのでとても重要です。

よっち
よっち

一番わかりやすい「筆者の主張」です。

【人気記事】
英語学習におすすめの海外ドラマ12選!

スポンサーリンク

ディスコースマーカーで英文読解

では、実際にディスコースマーカーを意識して英文読解をしてみましょう。

では、まず以下の英文をご覧ください。

He has a strong interest in / how knowledge is absorbed and developed, / or in other words, / the potential of children.

この英文は「in other words(言い換え)」で繋がれており、言い換え後の文が筆者の主張になります。

訳してみると前文では、「知識がどのように吸収され発展していくのか、高い関心を持っている」と述べ、言い換え後では、「子どもたちの可能性」を主張しています。

つまり筆者は「子どもたちの可能性に対して高い関心を持っている」と主張していると理解できます。

【関連記事】
スラッシュリーディングと英文読解に役立つ速読テクニック

スポンサーリンク

ディスコースマーカーを使った速読テクニック

続いて、英文読解に役立つ速読テクニックを解説していきます。

ディスコースマーカーを使った速読テクニックは以下の通りです。

ディスコースマーカーを使った速読テクニック

英文のディスコースマーカーに印をつけ、先に起こる展開を予測しながら読み進めていく。

よっち
よっち

印をつけることで英文読解を視覚的に補助してくれます。

では、以下の例文にディスコースマーカーを加えてみます▼

ここで登場するディスコースマーカーは、「but」「 :(セミコロン)」です。

ディスコースマーカーとその直後の文だけをざっくりと訳してみると以下のようになります▼

「私は告白する!~~~しかし!I`m not sure~~~:(すなわち)私は経験した~~~しかし!別の方法を見つけ出した!」

これだけで大まかの文章構造が理解できました。

よっち
よっち

この文章は「しかし」以下が主張で、「すなわち」以下が言い換え・具体例です。

つまりこの文章の主張は、「別の方法を見つけ出した!」ということで、その話の展開がこの後に続いていくと推測されます。

筆者の「主張」が理解できれば、わからない単語や文章も推測しやすくなります。

【関連記事】
英会話で「使える」語彙力を増やす3つの方法

スポンサーリンク

ディスコースマーカーに関する参考書

ディスコースマーカーに関する参考書は、「パラグラフリーディング」の中の速読法として解説されています。

おすすめの参考書は以下の2冊です。

有名予備校「河合塾」の参考書で、パラグラフリーディングの方法を豊富な例とともに解説しています。

三部作の一冊目で、大学受験を目指す方には参考になる内容です。

Z会の「ディスコースマーカー英文読解」は、「どのように長文を読むのか」を体系的に説明した読解問題集です。

課題英文はすべて、東大、京大、早大、慶大をはじめとする難関大学の入試問題から選んだ22題

基本的な語彙・文法知識を身につけた後に、実際の入試に対応できる実戦力を養成する教材です。

また、英語の参考書については、Kindle Unlimitedに取り揃えが豊富で月額読み放題なのでとてもお得です。

Kindle Unlimitedについては以下の記事で詳しく解説しているので合わせてご覧ください。

初回30日間は無料で利用できますKindle Unlimited公式サイト

スポンサーリンク

【ディスコースマーカーでの英文読解と速読法】まとめ

今回は、ディスコースマーカーでの英文読解と速読法について解説してきました。

ディスコースマーカーはニュース記事など、論理的に記述された文章によく使われ、読み解けば速読へと繋がります。

英文読解に必須なテクニックなので、しっかり理解しておきましょう。

今回は以上です。英文読解の参考になれば幸いです。

【関連記事】英語勉強法

英語速読法
スポンサーリンク
英会話習得マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました