【速報】Audibleが3ヶ月無料キャンペーン中

漫画「鬼滅の刃」は英語で何?英語学習におすすめの理由と勉強法

スポンサーリンク
英語学習教材
スポンサーリンク
英語学習者
英語学習者

『鬼滅の刃』は英語で何といいますか?英語学習教材として活用できる理由と勉強法もあれば知りたいです。

このようなお悩みを解決します。

✅本記事の内容

  • 『鬼滅の刃』は英語で何?
  • 英語版『鬼滅の刃』を読む方法
  • 漫画『鬼滅の刃』が英語学習に最適な理由
  • 漫画『鬼滅の刃』を使った英語勉強法

英語版の『鬼滅の刃』は、英語学習教材として活用できる漫画で、楽しく英語を勉強したい方にはおすすめです。

今回は、英語版『鬼滅の刃』がなぜ英語学習におすすめなのか。その理由と勉強法について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

漫画『鬼滅の刃』の英語タイトル

漫画『鬼滅の刃』の英語タイトルは「DEMON SLAYER」です。

『DEMON』は「鬼、悪魔、鬼のような人」を意味し、『SLAYER』は「殺害者,殺人者」という意味。日本語に訳すると、「鬼を退治する人」となります。

作中では、『鬼狩り様』のことを「DEMON SLAYER」、『鬼殺隊』のことを「DEMON SLAYER CORP.」と訳しています。

ちなみに、『鬼滅の刃』を英語に直訳するなら「Sword of the Demon Killer」になります。

スポンサーリンク

英語版漫画『鬼滅の刃』を読む方法

英語版の漫画『鬼滅の刃』は、1~22巻までがAmazonにてペーパーバック版(紙書籍)Kindle版が販売されていています。

購入は以下サイトから。Amazonのサイトからは「試し読みができます。

スポンサーリンク

漫画『鬼滅の刃』が英語学習に最適な理由

ではここから、漫画『鬼滅の刃』が英語学習に最適な理由を解説していきます。

初級~中級クラスの英語難易度

漫画『鬼滅の刃』で使われている英語は、中学校で習うレベルでそれほど難しくありません。

英語難易度は初級~中級クラス

巻にもよりますが、戦闘シーンが多めで説明シーンが少ないので英語初心者でも楽しく読み進めることができる作品です。

日常で役立つ英会話フレーズが多い

漫画『鬼滅の刃』は、時代背景が異なるものの、日常で役立つ英会話フレーズがたくさん出てきます。

短いセリフが多いのも特徴で、中学校で習った単語・構文・イディオムが使われています。

また、適度な会話量なので英語版でも読みやすいです。

大ヒット漫画で手に入りやすい

『鬼滅の刃』は、世界的に人気のある作品で、英語版の漫画が手に入りやすいです。

Kindle版はいつでも購入できますが、ペーパーバック版(紙書籍)は流通していないと購入できないことがあります。

漫画『鬼滅の刃』はこんな方におすすめ

  • 楽しく英語を勉強したい方
  • 英語難易度の低い作品で英語を学びたい方
  • 『鬼滅の刃』が好きな方

英語版の漫画で英語学習するときは、必ず一度読んだ作品で自分が好きな作品を活用してください。

スポンサーリンク

漫画『鬼滅の刃』を使った英語勉強法

漫画『鬼滅の刃』を使った初心者向け英語勉強法は、「音読」「多読」です。

音読は、「読む→聞く→理解する」という英会話に必要なスキルを活用した勉強法で、英語力向上にとても効果的です。

最初は難しいですが、英文を読みながら理解できるようになるまで音読の練習を続けましょう。

さらに、漫画を多読して「たくさんの英語に触れる」ことによって、良く使われる英語表現や頻出単語、作品ごとの傾向を理解できます。

よっち
よっち

日本人は英語を後ろから訳しがちですが、前から理解することが大切です。

また、英会話の勉強にはオンライン英会話がとても役立ちます。料金も手ごろな価格で実践練習に最適です。

おすすめは学研が運営している「Kimini。月額5,480円で初回10回は無料でお試し利用できます。

その期間内に解約すれば一切料金はかからないので、まずはお試しから始めてみてください。

Kiminiを10回お試しで利用してみる

オンライン英会話については以下の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

【漫画・鬼滅の刃で英語学習】まとめ

今回は、英語学習に漫画『鬼滅の刃』をおすすめする理由について解説してきました。

英語を学びたいなら「たくさんの英語に触れる」ことが大切です。その点で漫画は最適な教材。そして、音読と多読をすることで英語スキルが向上していきます。

是非実践してみてください。

そのほか、英語学習におすすめできる映画や海外ドラマを以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

今回は以上です。英語学習の参考になれば幸いです

【関連記事】英語学習

英語学習教材
スポンサーリンク
英会話習得マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました