シャドーイングのやり方と5つの効果|英語初心者にも最適な勉強法

英語勉強法
スポンサーリンク

シャドーイングは、英語習得を目指す方にはおすすめの勉強法で、海外の留学生も積極的に取り組んでいるトレーニング技法です。

今回は、そんなシャドーイングの正しいやり方と効果、注意点などを詳しく解説していきます。英語習得を目指す方は是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シャドーイングとは?

シャドーイングとは、英語音源を聞き、聞こえてくる英文を影のように追いかけて発声する勉強方法です。

もともと通訳者・同時通訳者が活用していたトレーニング方法でしたが、第二言語の習得に大きな効果があると広まり、今では多くの英語学習者が活用しています。

「リスニング」と「スピーキング」、「リーディング」の能力向上が期待でき、「英語4技能」のうち3つをフルに活用しています。

スポンサーリンク

シャドーイングの正しいやり方

シャドーイングは、音源の後ろを0.5~1秒遅れで追いかけて発音していきます。同時通訳のプロを目指す人たちは英文を見ずに取り組みますが、英語初心者は英文(テキスト)が必須です。

そのほか、英文を読みながら音源と同時に発音していくトレーニング技法は「オーバーラッピング」と呼ばれています。それほど違いはないですが、英語初心者にオススメするのはシャドーイングです。

シャドーイングには以下2種類のやり方があるので理解しておきましょう。

  1. プロソディ・シャドーイング
  2. コンテンツ・シャドーイング

プロソディ・シャドーイング

プロソディ・シャドーイングは、音声を正確に発音するシャドーイングです。このとき、英語の内容を理解する必要はなく、とにかく音声に集中して再現性を高めます。

英語はまずプロソディ・シャドーイングを、余裕ができるまで何度も繰り返し練習しましょう。

コンテンツ・シャドーイング

コンテンツ・シャドーイングは、音声の意味を考えながら、実際に相手に話しかけるように発声するシャドーイングです。

英語の意味を理解し、瞬時に言語化する実践的な英語学習方法で、難易度は高めですが、スピーキング力・リスニング力は大幅に向上します。

シャドーイングのポイント

シャドーイングの効果的なやり方は、ボイスレコーダーに録音して客観的に聞いてみることです。独学でも問題点がはっきりと見えてきます。

また、シャドーイングで「たくさんの英語に触れて、英語に慣れる」ことも大切。どんどん英語を吸収してリスニング・スピーキングスキルを向上させましょう。

スポンサーリンク

シャドーイングの5つの効果

シャドーイングをすることで以下のような効果が得られます。

シャドーイングで得られる効果

  • 英語の独特なリズムと発音が身につく
  • リエゾン(リンキング)が理解できる
  • 読むスピードが上がる(リーディング)
  • 認識語彙が運用語彙になる
  • 英語を話す口の筋肉が鍛えられる

英語の独特なリズムと発音が身につく

英語は話者の意図や文脈によって、「強・弱」「速・遅」とリズムを変化させて話します。いわゆる「抑揚」といわれるもので、抑揚をつけると、相手は格段に聞き取りやすくなります。

シャドーイングによって、息継ぎのタイミング英語のまとまりが理解できるので、英語のリズムをつかみやすくなります。

さらに、英文を見ながら英語音声を聞くことでネイティブの正しい単語の発音を身につけることができます。

リエゾン(リンキング)が理解できる

リエゾン(リンキング)とは、2つの単語がつながって一つの音となる音声変化のことです。日本語では「連結」と呼ばれたりします。

シャドーイングをすることで、英語ネイティブが自然と使っているリエゾン(リンキング)がいつ起こるのかどのようにして発音しているのか理解できるようになります。

例えば、 ‘‘Nice to meet you‘‘は「ナイストゥー ミート ユー」ではなく、「ナイストゥー ミーチュー」です。つまりこれは‘‘meet you‘‘が‘‘meetyou‘‘と連結して発音しているということです。

読むスピードが上がる(リーディング)

シャドーイングをスクリプト(台本)を読みながら取り組んだ場合、リーディングのスピードが格段に上がります。半強制的に多くの文章を読むので、効率の良い音読練習です。

そして、このリーディングのスピードアップは、TOEICなどの長文読解、テスト対策としても効果絶大です。

認識語彙が運用語彙になる

「運用語彙」とは、自分自身でしっかりと理解しており、実用的に使える語彙のこと。「認識語彙」とは、知ってはいるけれど、自分で実用的に使えない語彙のことです。

必死に単語を暗記してもそれが認識語彙のままなら役に立たないので、英会話では「運用語彙」が重要になります。

シャドーイングをすることで、ストーリーの中で「語彙」を理解でき、「認識語彙」が「運用語彙」へと変わります。そして、記憶にも定着しやすく、語彙力アップにつながります。

英語を話す口の筋肉が鍛えられる

日本語と英語では、発声方法と口の動かし方が違います。シャドーイングをすることで、英語を話す口の筋肉が鍛えられます。

英語初心者は、口を開けずにボソボソと話す傾向にあるので、正しい発音でも相手に伝わりにくいです。口を開けてはっきりと話せるように練習しましょう。

スポンサーリンク

シャドーイング初心者の注意点

シャドーイングには、デメリットや注意点もあるので事前に理解しておきましょう。

初心者のシャドーイングは文字を見ながら

英語初心者~中級者はテキストを見ながらシャドーイングに取り組みましょう。

テキスト見ることで、聞き取れなかった英語が具体的な単語へと変換されます。そして、一度文字へと変換されると、それ以降も脳が「英語」として認識してくれます。

聞き取れる確率も高くなるので、リスニング力は向上していきます。

細かい部分にこだわりすぎない

シャドーイングは細かい部分にこだわらずにどんどん読み進めていきましょう。同じ文章に何度も挑戦するよりも、たくさんの英語を聞いたほうが英語は上達します。

つまずいた場所は、メモしておいて局所的に復習すると良いです。

アメリカ英語かイギリス英語か統一する

シャドーイングの教材は、アメリカ英語かイギリス英語か必ず統一してください。ごちゃごちゃに勉強すると、理解が遅くなり英語習得まで遠回りになります。

日本の英語教育はアメリカ英語です。こだわりがなければアメリカ英語で統一しましょう。

スポンサーリンク

シャドーイングにおすすめの教材

シャドーイングはなんでも教材になりますが、あまりにも難しい内容に挑戦しても効果が得られません。

英語初心者は幼児向けのアニメなどもおすすめですが、初級~中級クラスの方は「海外ドラマ」がオススメです。

海外ドラマは、ネイティブの日常会話の宝庫で、シャドーイングにも最適。テーマに一貫性があるので英語力は伸びやすいです。

英語学習におすすめの海外ドラマ

シャドーイングにおすすめの海外ドラマは90年代の大ヒットドラマ「フレンズ」です。

マンハッタンを舞台に6人の男女の友情、恋愛、家族をコミカルに描いた作品で、多くの留学生が英語学習に活用している定番のドラマです。

フレンズは動画配信サービスの「Hulu」で全話視聴できます。詳細は以下サイトからチェックしてみてください。

そのほか、英語学習におすすめの海外ドラマ・映画は詳しくは以下の記事で解説しています。

TOEIC向けの教材

TOEICで高得点を目指す方は、「TOEIC公式問題集」の過去問でシャドーイングのトレーニングを繰り返しましょう。

Kindle unlimitedを活用すれば「TOEIC(R) L&Rテスト 至高の模試600問」などのTOEIC教材が定額読み放題で利用できるのでおすすめです。

Kindle Unlimitedとは、Amazonが提供している電子書籍一部読み放題サービスで、月額980円で受験英語旅行英会話TOEIC対策など幅広いジャンルの英語関連の参考書定額読み放題になります。

例えば、以下の英語の参考書が読み放題の対象です。初月30日間はお試し期間なのですべて無料で利用でき、その期間内の解約すれば料金は一切かかりません

そのほか、小説・雑誌・漫画・ビジネス書も120万冊以上読み放題。詳細情報は以下の公式サイトをどうぞ。

読み放題の対象の英語書籍は以下の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

【シャドーイングのやり方と効果】まとめ

今回は、シャドーイングのやり方と効果について詳しく解説してきました。

そのほか、聞き取った英語を書き取っていくという「ディクテーション」という方法があり、こちらも英会話習得には欠かせないトレーニング技法です。

また、シャドーイングで英会話に対する自信がついてきたら、オンライン英会話などで実際に英語を使ってみましょう。講師の先生が発音や文法を指導してくれて、さらなるレベルアップが見込めます。

【関連記事】英語勉強法

英語勉強法
スポンサーリンク
英語マイスター

コメント

タイトルとURLをコピーしました