「斜陽」の英語タイトルは?その意味と英語版書籍購入方法

スポンサーリンク
文学小説
スポンサーリンク
本記事の内容
  • 『斜陽』は英語で何という?
  • 『斜陽』の英語版書籍の購入方法

太宰治の長編小説『斜陽』は、母、かず子、直治、上原の四人を中心として、直治の「夕顔日記」、かず子の手紙、直治の遺書が巧みに組み込まれるという構成で、没落していく弱きものの美しさが見事な筆致で描かれている「人間失格」と並ぶ太宰文学の最高峰の名作です。

その『斜陽』の英語版は日本で販売されているのでしょうか?英語での言い方・意味とともに解説していきます。

スポンサーリンク

『斜陽』は英語で何という?

『斜陽』とは日本語で「没落しつつあること」「西に傾いた太陽」という意味で、英語タイトルはThe Setting Sunとなっています。

Set』という言葉には「〈日・月が〉沈む (⇔rise)」という意味があり、『Sunset』で「日没、入り日」という意味になります。
例)The sun has set. 日が沈んだ.

スポンサーリンク

英語版『斜陽』の購入方法

英語版の小説『斜陽』は、以下のリンクにてペーパーバック版(紙書籍)とKindle版で販売されています。

↓日本語版小説はこちら。Kindle版 (電子書籍)なら¥0で購入できます。

また、『斜陽』はAudible(オーディブル)の対象作品で、会員なら追加料金なし(¥0)で聴き放題です。

Audible(オーディブル)ではそのほかの太宰 治作品も追加料金なし(¥0)で聴き放題です。合わせてチェックしてみてください。「走れメロス」は声優の大塚 明夫さんのナレーションで聴くことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました