漫画「封神演義」は英語で何?英語学習におすすめの理由と勉強法

スポンサーリンク
漫画
スポンサーリンク
英語学習者
英語学習者

『封神演義』は英語で何といいますか?英語学習教材として活用できる理由と勉強法もあれば知りたいです。

このようなお悩みを解決します。

✅本記事の内容

  • 『封神演義』は英語で何?
  • 英語版『封神演義』を読む方法
  • 漫画『封神演義』が英語学習に最適な理由
  • 漫画『封神演義』を使った英語勉強法

英語版の『封神演義』は、英語学習教材として活用できる漫画で、楽しく英語を勉強したい方にはおすすめです。

今回は、英語版『封神演義』がなぜ英語学習におすすめなのか。その理由と勉強法について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

漫画『封神演義』の英語タイトル

漫画『封神演義』の英語タイトルは漫画版は「Hoshin Engi」、アニメ版は「Soul Hunter」です。

漫画『封神演義』で登場する気になる用語は以下のような英語に訳されています。

封神計画Hoshin Project
太公望Taikobo
四不像Supushan
宝貝Pao-pei
打神鞭Whip of the Gods
スポンサーリンク

英語版漫画『封神演義』全巻を読む方法

英語版の漫画『封神演義』全巻は、Amazonにてペーパーバック版(紙書籍)Kindle版が販売されていています。

購入は以下サイトから。Amazonのサイトからは「試し読みができます。

↓日本語版はこちら。試し読みもできます。

スポンサーリンク

漫画『封神演義』が英語学習に最適な理由

ではここから、漫画『封神演義』が英語学習に最適な理由を解説していきます。

中級クラスの英語難易度

漫画『封神演義』は、殷の時代末期の傾国の美女妲己と軍師太公望の戦いを描いた空想戦記です。

作中には「宝貝」「封神計画」「仙人」などに関する難解な単語が出てくるので、英語ですべてを理解するのは難しいです。

英語難易度は中級クラス。英語学習で利用するときは、日本語版を読み込んで事前に理解し、難しい用語は読み飛ばしましょう。

多くの語彙・英語表現を勉強できる

『封神演義』は、会話量が比較的多めの漫画なので、1冊勉強するだけで多くの英語表現を学ぶことができます。

また、巻にもよりますが、戦闘シーンはイラストで楽しめるので英語初心者でも飽きずに読み進めることができます。

漫画『封神演義』はこんな方におすすめ

  • 楽しく英語を勉強したい方
  • 語彙を増やしたい方
  • 『封神演義』が好きな方

英語版の漫画で英語学習するときは、必ず一度読んだ作品で自分が好きな作品を活用してください。

スポンサーリンク

漫画『封神演義』を使った英語勉強法

『封神演義』を使った効果的な英語勉強法は「音読」です。

音読をすることによって、音声と文字が結びつき、リスニング力・スピーキング力が向上します。

最初は難しいですが、英文を読みながら理解できるようになるまで音読の練習を繰り返し続けましょう。

さらに、漫画を多読すれば、作品ごとの言い回し自然な英語表現を使えるようにもなります。

以下のポイントを意識しながら漫画を英語学習に役立ててください。

  • スラスラ読めるまで音読を繰り返す
  • ネイティブの発音のマネをする
  • 音読しながら意味を理解する
  • 難しい単語は読み飛ばす(精読しない)
  • 英文をたくさん読んで傾向を知る


そのほか、英語勉強法は以下の記事でも解説しているので合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

【漫画「封神演義」で英語学習】まとめ

英語版の漫画は、音読と多読に最適な勉強教材です。スラスラ読めるまで何度も繰り返し活用してください。

そのほか、英語学習には、英語参考書のラインナップが豊富Kindle Unlimitedの利用をおすすめします。

基礎英語から英会話、TOEIC対策などの参考書が充実しており、月額980円ですが初月30日間は無料で利用できます。

その期間内に解約すれば一切料金はかからないので、まずはお試しで始めてください。

\いつでも解約可能/
✅雑誌・漫画・ビジネス書・英語の参考書が読み放題

【関連記事】漫画で英語学習

コメント

タイトルとURLをコピーしました