【速報】Audibleが3ヶ月無料キャンペーン中

映画『ロミオ&ジュリエット』は英語で何?英語学習に最適な理由と勉強法

スポンサーリンク
英語学習教材
スポンサーリンク
英語学習者
英語学習者

映画『ロミオとジュリエット』は英語で何ですか?英語学習教材として活用できる理由と勉強法もあれば知りたいです。

このようなお悩みを解決します。

✅本記事の内容

  • 『ロミオとジュリエット』は英語で何?
  • 映画『ロミオとジュリエット』のあらすじ
  • 映画『ロミオとジュリエット』が英語学習に最適な理由
  • 映画『ロミオとジュリエット』を使った英語勉強法

皆さんは1996年に製作されたアメリカ映画『ロミオとジュリエット』をご存知ですか?

『ロミオとジュリエット』は、シェイクスピアの古典的名作を現代に置き換え、レオナルド・ディカプリオ&クレア・デーンズ主演で映画化したラブストーリーです。

この『ロミオとジュリエット』は、英語学習教材として活用できる映画で、「英会話を習得したい」と考えている方には必見です。

今回は、そんな『ロミオとジュリエット』がなぜ英語学習におすすめなのか。その理由と勉強法について詳しく解説していきます。

これを読めば『ロミオとジュリエット』の魅力と、楽しく英語を勉強する方法が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

映画『ロミオとジュリエット』の英語タイトルと意味

映画『ロミオとジュリエット』の正式な日本語タイトルは「ロミオ+ジュリエット」。英語タイトルは「Romeo + Juliet」です。

原作はシェイクスピアの『ロミオとジュリエット(Romeo and Juliet)』。

本作は時代設定を現代に変えて、両家の争いをマフィア同士の抗争に置き換えられています。

スポンサーリンク

『ロミオとジュリエット』ってどんな映画?

映画『ロミオとジュリエット』のあらすじ

ヴェローナ・ビーチで最も権力のある二大マフィア、モンタギュー家とキャピュレット家は毎度のこと抗争が絶えず、街を巻き込む銃撃戦が絶えなかった。

そんな中、モンタギュー家の一人息子ロミオはロザラインという女性に思いを馳せていた。一方でキャピュレット家の一人娘ジュリエットは親が決めた相手との縁談を間近に控えていた。そんな中、ロミオは敵対するキャピュレット家でパーティーがあると聞きつけた親友マキューシオに誘われ、仮装してパーティーに乗り込み、そこで出会ったジュリエットに一目惚れをする。

この時までロミオはあのキャピュレット家の娘、ジュリエットであると知らず、真実を知りショックを受ける。しかし、想いを断ち切れないロミオは引き留めるマキューシオを振り切り、パーティー後キャピュレット家に行き、ジュリエットに愛の告白をする。二人は相思相愛となるが、この二人の恋が、両家の争いに大きな変化を与えることとなる。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

映画『ロミオとジュリエット』の登場人物

■主要キャスト
ロミオ:レオナルド・ディカプリオ
ジュリエット:クレア・デーンズ
ティボルト:ジョン・レグイザモ
マキューシオ:ハロルド・ペリノー
ロレンス神父:ピート・ポステルスウェイト

■スタッフ
製作・監督・脚本: バズ・ラーマン
製作: ガブリエラ・マルティネリ
脚本: クレイグ・ピアーズ
撮影: ドナルド・M.マカルパイン
音楽: ネリー・フーパー

よっち
よっち

レオナルド・ディカプリオが本作で第47回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞しています。

映画『ロミオとジュリエット』の視聴方法・スクリプト

映画『ロミオとジュリエット』は、動画配信サービスのU-NEXTで視聴できます。

U-NEXTは31日間無料で利用できるのでおすすめです。

U-NEXTはこちらから「お試し」で登録してみてください。期間内に解約すればお金は一切かかりません。

英語字幕はないので以下のスクリプトを活用してください。

映画『ロミオとジュリエット』スクリプト

よっち
よっち

「英語字幕なし」での英語学習は、初心者には難易度が高いので注意してください。

スポンサーリンク

映画『ロミオとジュリエット』が英語学習に最適な理由

ではここから、映画『ロミオとジュリエット』が英語学習に最適な理由を解説していきます。

中級~上級クラスの英語難易度

『ロミオとジュリエット』は、詩的で美しい古典英語が使われているので難易度は高め。時々入り交じる現代英語には、上品で洗練された表現もあります。

英語難易度は中級~上級クラスで、ある程度の英語レベルがあり、現代英語との違いを味わいたい方におすすめできます。

聞き取りやすいクリアな発音

『ロミオとジュリエット』で使われる英語はアメリカ英語で、演者は聞き取りやすいクリアな発音で話しています。

リスニング教材としては最適なので何度も聞いて聞き取れるようにトレーニングしましょう。

映画『ロミオとジュリエット』の名言・セリフ

映画『ロミオとジュリエット』には心に響く名言・セリフがあります。そのいくつかをご紹介します。

名言・セリフ①

Not having that which having makes them short.

時が経つのが忘れられるものはないか。

映画『ロミオとジュリエット』

名言・セリフ②

Is love a tender thing? It is too rough, too rude, too boisterous, and it pricks like thorn.

恋が優しいだと?恋は荒々しく残酷でまるで棘のように人を刺すのさ。

映画『ロミオとジュリエット』

名言・セリフ③

Did my heart love till now? Forswear it, sight. For I never saw true beauty till this night.

今までで本当の恋をしたことは?なかったとこの目が誓う。本当の美を見るのは今夜が初めてだ。

映画『ロミオとジュリエット』

名言・セリフ④

Trust me, love. All these woes shall serve for sweet discourses in our times to come.

信じるんだ、ジュリエット。今のこの悲しみが楽しい思い出に変わる日がいつか必ず来る。

映画『ロミオとジュリエット』

名言・セリフ⑤

Here, will I set up my everlasting rest. And shake the yoke of inauspicious stars from this world-wearied flesh.

ここで、僕も君と一緒に永遠の眠りに入る。生きることに疲れ果てたこの肉体から不幸な星を全部ふるい落とすんだ。

映画『ロミオとジュリエット』
スポンサーリンク

映画『ロミオとジュリエット』を使った英語勉強法

映画『ロミオとジュリエット』を使った初心者向け英語勉強法は、シャドーイングとディクテーションです。

シャドーイングとは、セリフを即座に復唱していく英語勉強法です。シャドーイングによってネイティブの発音や表現、会話のリズムが身につきます。

ディクテーションとは、聞き取った英語を文字に書き起こす英語勉強法です。ディクテーションによって英語の細かい発音まで聞き取れるリスニング力が身につきます。

特に、シャドーイングは「リスニング」と「スピーキング」、「リーディング」が学習できる最高の勉強法なので是非実践してみてください。

詳しくは以下の記事で解説しています。

また、英会話の勉強にはオンライン英会話がとても役立ちます。実践練習に最適で料金も手ごろな価格で始められます。

おすすめは学研が運営している「Kimini」です。月額5,480円で初回10回は無料で利用できるので、まずはお試しから始めてみてください。

Kiminiを10回お試しで利用してみる

オンライン英会話については以下の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

【映画ロミオとジュリエットで英語学習】まとめ

今回は、英語学習に映画『ロミオとジュリエットをおすすめする理由について解説してきました。

英語を学びたいなら映画やドラマなどの映像作品が最適で、リアルな英語を聞くことで「話す・聞く」スキルが向上します。

また、英語字幕やスクリプトを読むことで「読む・書く」スキルも上がります。

さらには、さほどお金をかけずに英語学習教材として利用できるのも良い点です。

そのほか、英語学習におすすめできる映画や海外ドラマを以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

今回は以上です。英語学習の参考になれば幸いです

≫ 14日間無料でHuluを利用する

≫ 31日間無料でU-NEXTを利用する

【関連記事】英語学習

英語学習教材
スポンサーリンク
英会話習得マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました