【速報】Audibleが3ヶ月無料キャンペーン中

「図書館戦争」は英語で何?漫画が英語学習に最適な理由と勉強法

スポンサーリンク
英語学習教材
スポンサーリンク
英語学習者
英語学習者

『図書館戦争』は英語で何といいますか?英語学習教材として活用できる理由と勉強法もあれば知りたいです。

このようなお悩みを解決します。

✅本記事の内容

  • 『図書館戦争』は英語で何?
  • 英語版『図書館戦争』を読む方法
  • 漫画『図書館戦争』が英語学習に最適な理由
  • 漫画『図書館戦争』を使った英語勉強法

英語版の『図書館戦争』は、英語学習教材として活用できる漫画で、楽しく英語を勉強したい方にはおすすめです。

今回は、英語版『図書館戦争』がなぜ英語学習におすすめなのか。その理由と勉強法について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

漫画『図書館戦争』の英語タイトル

漫画『図書館戦争』の英語タイトルは「Library Wars」です。

また、漫画『図書館戦争』に登場する用語は以下のように英語に訳されています。

図書隊防衛部:The Library Team Defense Force
メディア良化法:the Media Betterment Act (MBA)

特等図書監: Library Supervisor Special Class
一等図書監: Library Supervisor First Class
二等図書監: Library Supervisor Second Class
三等図書監: Library Supervisor Third Class
一等図書正: Library Officer First Class
二等図書正: Library Officer Second Class
三等図書正: Library Officer Third Class
図書士長: Chief Librarian
一等図書士: Librarian First Class
二等図書士: Librarian Second Class
三等図書士: Librarian Third Class

スポンサーリンク

英語版『図書館戦争』を読む方法

英語版の『図書館戦争』は、Amazonにてペーパーバック版(紙書籍)が販売されていています。

以下サイトから購入できるのでチェックしてみてください。

また、Kindle Unlimitedならいくつかの英語教材が定額読み放題になるので、英語を学びたい方には役立ちます。

おすすめ参考書を以下の記事にまとめたので合わせてご覧ください。

Kindle Unlimitedは、月額980円対象書籍が読み放題になるAmazonの電子書籍サービスです。

加入より初月30日間は無料で、その期間内に解約すれば一切料金はかかりません

英語版の漫画もあり、気軽にお試し利用ができます。
以下のリンクからチェックしてみてください。

スポンサーリンク

漫画『図書館戦争』が英語学習に最適な理由

ではここから、漫画『図書館戦争』が英語学習に最適な理由を解説していきます。

中級クラスの英語難易度

漫画『図書館戦争』は、本を守るべく図書館防衛組織に入隊した熱血ヒロインの過酷な訓練と戦闘の日々を描いた物語です。

特殊な設定で、「図書隊」「図書館法」「メディア良化法」などに関する難解な単語が出てくるので、英語ですべてを理解するのは難しいです。

英語難易度は中級クラス。英語学習で利用するときは、日本語版を読み込んで事前に理解し、難しい用語は読み飛ばしましょう。

多くの語彙・英語表現を勉強できる

『図書館戦争』は会話量の多い作品で、1冊勉強するだけで多くの語彙・英語表現を学ぶことができます。

中学校で習った単語・構文・イディオムもたくさん出きますし、戦闘シーンはイラストでも作品を楽しめます。

日常で役立つ英会話フレーズが多い

漫画『図書館戦争』には、主人公の成長と恋愛模様も描かれていて、日常で役立つ英会話フレーズがたくさん出てきます。

ビジネスに応用できる英語ももあり、様々なシーンで役立つ英会話表現・フレーズが学べる教材です。

漫画『図書館戦争』はこんな方におすすめ

  • 楽しく英語を勉強したい方
  • 語彙を増やしたい方
  • 『図書館戦争』が好きな方

英語版の漫画で英語学習するときは、必ず一度読んだことがある自分が好きな作品を活用してください。

スポンサーリンク

漫画『図書館戦争』を使った英語勉強法

漫画『図書館戦争』を使った初心者向け英語勉強法は、「音読」「多読」です。

音読は、「読む→聞く→理解する」という英会話に必要なスキルを活用した勉強法で、英語力向上にとても効果的です。

最初は難しいですが、英文を読みながら理解できるようになるまで音読の練習を続けましょう。

さらに、漫画を多読して「たくさんの英語に触れる」ことによって、良く使われる英語表現や頻出単語、作品ごとの傾向を理解できます。

よっち
よっち

日本人は英語を後ろから訳しがちですが、前から理解することが大切です。

また、英会話の勉強にはオンライン英会話がとても役立ちます。料金も手ごろな価格で実践練習に最適です。

おすすめは学研が運営している「Kimini。月額5,480円で初回10回は無料でお試し利用できます。

その期間内に解約すれば一切料金はかからないので、まずはお試しから始めてみてください。

Kiminiを10回お試しで利用してみる

オンライン英会話については以下の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

【漫画図書館戦争で英語学習】まとめ

今回は、英語学習に漫画『図書館戦争』をおすすめする理由について解説してきました。

英語を学びたいなら「たくさんの英語に触れる」ことが大切です。その点で漫画は最適な教材。そして、音読と多読をすることで英語スキルが向上していきます。

是非実践してみてください。

そのほか、英語学習におすすめできる映画や海外ドラマを以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

今回は以上です。英語学習の参考になれば幸いです。

【関連記事】英語学習

英語学習教材
スポンサーリンク
英会話習得マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました