【速報】Audibleが3ヶ月無料キャンペーン中

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は英語で何?英語学習に最適な理由と勉強法

スポンサーリンク
英語学習教材
スポンサーリンク
英語学習者
英語学習者

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は英語で何といいますか?英語学習教材として活用できる理由と勉強法もあれば知りたいです。

このようなお悩みを解決します。

✅本記事の内容

  • 『ボヘミアン・ラプソディ』は英語で何?
  • 映画『ボヘミアン・ラプソディ』のあらすじ
  • 映画『ボヘミアン・ラプソディ』が英語学習に最適な理由
  • 映画『ボヘミアン・ラプソディ』を使った英語勉強法

皆さんは2018年に公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』をご存知ですか?

『ボヘミアン・ラプソディ』は、イギリスのロックバンド・クイーンのボーカル「フレディ・マーキュリー」の、1970年のクイーン結成から1985年のライヴエイド出演までを描いた伝記映画です。

よっち
よっち

日本では興行収入131億円を突破。社会現象とも呼べる大ヒットとなりました。

この『ボヘミアン・ラプソディ』は、英語学習教材として活用できる映画で、「英会話を習得したい」と考えている方には必見です。

今回は、そんな『ボヘミアン・ラプソディ』がなぜ英語学習におすすめなのか。その理由と勉強法について詳しく解説していきます。

これを読めば『ボヘミアン・ラプソディ』の魅力と、楽しく英語を勉強する方法が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の英語タイトルと意味

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の英語タイトルは「Bohemian Rhapsody」。日本語タイトルは英語読みがそのまま使われています。

よっち
よっち

「Bohemian Rhapsody」はイギリスで最も売れた大ヒットシングル曲です。ビートルズよりも売れた曲で、クイーンの代名詞的な曲です。

『Bohemian』とは、「ボヘミアの、ボヘミア人の、放浪的な、伝統にとらわれない、自由奔放な」という意味。

『Rhapsody』は、「熱狂的な文章、狂詩曲、ラプソディー、(古代ギリシャの)ラプソディー」という意味です。

日本語に訳すと「ボヘミアの狂詩曲」、「自由奔放な生活をしている人の熱狂的な文章」などの意味、解釈となります。

スポンサーリンク

『ボヘミアン・ラプソディ』ってどんな映画?

映画『ボヘミアン・ラプソディ』のあらすじ

1970年、ロンドン。ライブ・ハウスに通っていた若者フレディ・マーキュリーは、ギタリストのブライアン・メイとドラマーのロジャー・テイラーのバンドのボーカルが脱退したと知り自らを売り込む。

二人はフレディの歌声に心を奪われ共にバンド活動をし、1年後、ベーシストのジョン・ディーコンが加入。バンド名は<クイーン>に決まり、4人はアルバムを制作し、シングル「キラー・クイーン」が大ヒット。

個性的なメンバーの革新的な挑戦によって、その後もヒット曲が次々に生み出され、フレディは“史上最高のエンターテイナー”とまで称されるようになる。しかし、栄光の影で次第にフレディはメンバーと対立し孤独を深めていくのだった……。

よっち
よっち

伝説のバンド<クイーン>の感動の物語です。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の登場人物

■主要キャスト
フレディ・マーキュリー…ラミ・マレック
メアリー・オースティン…ルーシー・ボーイントン
ブライアン・メイ…グウィリム・リー
ロジャー・テイラー…ベン・ハーディ
ジョン・ディーコン…ジョセフ・マッゼロ
ジョン・リード…エイダン・ギレン
ジム・ビーチ…トム・ホランダー
レイ・フォスター…マイク・マイヤーズ

■スタッフ
監督:ブライアン・シンガー
製作:グレアム・キング, p.g.a./ジム・ビーチ
脚本:アンソニー・マクカーテン

よっち
よっち

第91回アカデミー賞では作品賞を含む5部門にノミネート、第76回ゴールデングローブ賞では最優秀作品賞、最優秀男優賞(ドラマ部門)を受賞しました。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の視聴方法・スクリプト

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、動画配信サービスのU-NEXTにて199円でレンタル視聴できます。

» U-NEXTでレンタル視聴

英語字幕はないので以下のスクリプトを見ながら英語学習に取り組んでみてください。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』スクリプト

よっち
よっち

「英語字幕なし」での英語学習は、初心者には難易度が高いので注意してください。

スポンサーリンク

映画『ボヘミアン・ラプソディ』が英語学習に最適な理由

ではここから、映画『ボヘミアン・ラプソディ』が英語学習に最適な理由を解説していきます。

中級クラスの英語難易度

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は、1970年のロンドンから始まり、ライブ・ハウスに通う若者フレディ・マーキュリーを中心に物語は進んでいきます。

内容はそれほど難しくないので、中級クラスの英語難易度です。

よっち
よっち

若い世代の話し言葉や実践的な英会話を勉強できます。

イギリス英語とアクセントが勉強できる

クイーンを演じている4人のメンバーが話す英語は、比較的きれいなイギリス英語で、それほど話すスピードは速くありません。

英語中級者なら聞き取れるレベルで、イギリス英語を学びたい方にはおすすめできます。

クイーンの楽曲から英語が勉強できる

映画の中には、数多くのクイーンの名曲が挿入歌として使われていて、それらを使って英語学習に取り組むことができます。

英語の歌は、歌詞とアクセントなどを丸暗記し、マネして歌うことで英語の正しいリズムを体に染みつけさせられる良い英語学習教材です。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』はこんな方におすすめ

  • 日常で役立つ英語を学びたい方
  • 大ヒット映画で英語の勉強をしたい方
  • イギリス英語を学びたい方
  • クイーンのファンの方

『ボヘミアン・ラプソディ』はなんといってもクイーンが好きな方にはおすすめできる映画です。

ストレスなく何度も見返すことができれば、確実に英語レベルはアップします。

日常で役立つ英会話フレーズ

映画『ボヘミアン・ラプソディ』には、日常で役立つ英会話フレーズがたくさん出てきます。

  • Our lead singer just quit.「ボーカルがやめちまったところだ」
  • What’s it like, singing for all those people?「多くの人の前で歌うってどんな感じ?」
  • I’ve got to make an impression, darling!「印象づけなきゃな」
  • I decide what I am.「自分が何者か自分で決める」
  • I don’t think it should really matter, do you?「それってそんなに大事なこと?
よっち
よっち

中学校で習った単語・構文・イディオムが使われています。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の名言・セリフ

映画『ボヘミアン・ラプソディ』には心に響く名言・セリフがあります。そのいくつかをご紹介します。

名言・セリフ①

We’re family. We believe in each other. That’s everything.

僕たちは家族だ。お互いを信頼している。それが全てなんだ

映画『ボヘミアン・ラプソディ』

名言・セリフ②

You need us, Freddie. More than you know.

おまえには俺たちが必要だ。おまえが思ってる以上に。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』

名言・セリフ③

You’re bloody right I am! We’re all legends.

まったくそのとおりさ。俺は伝説だ。俺たちみんな伝説の存在さ。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』

名言・セリフ④

What, you think you can do better? Everybody’s a critic…

なんだ。もっとうまく歌えるだろうって?誰もが批評家気取りだ。。。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』

名言・セリフ⑤

Good thoughts, good words, good deeds. Just like you taught me, papa.

善き思い、善き言葉、善き行い。パパが僕に教えてくれたことだ。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』
スポンサーリンク

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を使った英語勉強法

映画『ボヘミアン・ラプソディ』を使った初心者向け英語勉強法は、シャドーイングとディクテーションです。

シャドーイングとは、セリフを即座に復唱していく英語勉強法です。シャドーイングによってネイティブの発音や表現、会話のリズムが身につきます。

ディクテーションとは、聞き取った英語を文字に書き起こす英語勉強法です。ディクテーションによって英語の細かい発音まで聞き取れるリスニング力が身につきます。

特に、シャドーイングは「リスニング」と「スピーキング」、「リーディング」が学習できる最高の勉強法なので是非実践してみてください。

詳しくは以下の記事で解説しています。

また、英会話の勉強にはオンライン英会話がとても役立ちます。実践練習に最適で料金も手ごろな価格で始められます。

おすすめは学研が運営している「Kimini」です。月額5,480円で初回10回は無料で利用できるので、まずはお試しから始めてみてください。

Kiminiを10回お試しで利用してみる

オンライン英会話については以下の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

【映画ボヘミアン・ラプソディで英語学習】まとめ

今回は、英語学習に映画『ボヘミアン・ラプソディ』をおすすめする理由について解説してきました。

英語を学びたいなら映画やドラマなどの映像作品が最適で、リアルな英語を聞くことで「話す・聞く」スキルが向上します。

また、英語字幕やスクリプトを読むことで「読む・書く」スキルも上がります。

さらには、さほどお金をかけずに英語学習教材として利用できるのも良い点です。

そのほか、英語学習におすすめできる映画や海外ドラマを以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

今回は以上です。英語学習の参考になれば幸いです

≫ 14日間無料でHuluを利用する

≫ 31日間無料でU-NEXTを利用する

【関連記事】英語学習

英語学習教材
スポンサーリンク
英会話習得マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました