【速報】Audibleが3ヶ月無料キャンペーン中

映画『ウォール街』は英語で何?英語学習に最適な理由と勉強法

スポンサーリンク
英語学習教材
スポンサーリンク
英語学習者
英語学習者

映画『ウォール街』は英語で何といいますか?英語学習教材として活用できる理由と勉強法もあれば知りたいです。

このようなお悩みを解決します。

✅本記事の内容

  • 『ウォール街』は英語で何?
  • 映画『ウォール街』のあらすじ
  • 映画『ウォール街』が英語学習に最適な理由
  • 映画『ウォール街』を使った英語勉強法

皆さんは1987年公開のアメリカ映画『ウォール街』をご存知ですか?

『ウォール街』は、出世願望の強い若手証券マンと、冷酷かつ貪欲な投資家による企業買収を描いた金融サスペンス映画で、時代を反映した内容が話題を呼び大ヒットしました。

この『ウォール街』は、ビジネス英語の学習教材として活用できる映画で、金融、株式、投資、景気、雇用など経済にまつわる専門用語満載です。

今回は、そんな『ウォール街』がなぜ英語学習におすすめなのか。その理由と勉強法について詳しく解説していきます。

これを読めば『ウォール街』の魅力と、楽しく英語を勉強する方法が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

映画『ウォール街』の英語タイトル

映画『ウォール街』の英語タイトルは「Wall Street」。日本語タイトルは英語読みがそのまま使われています。

また、2010年に公開された続編の『ウォール・ストリート』の英語タイトルは、「Wall Street: Money Never Sleeps」。「お金は眠らない」という意味のサブタイトルです。

スポンサーリンク

『ウォール街』ってどんな映画?

映画『ウォール街』のあらすじ

世界の金融の中心「ウォール街」で繰り広げられる男たちのマネー・ウォーズ。

一攫千金を夢見る若き証券マン、バドは、業界のフィクサー的存在である大富豪ゲッコーに取り入ろうと必死だった。

父の勤める航空会社の情報を流したことによって、その夢はかなえられ、バド自身も大金を手にするが……。

映画『ウォール街』の登場人物

■主要キャスト
ゴードン・ゲッコー:マイケル・ダグラス
バド・フォックス:チャーリー・シーン
ダリアン・テイラー:ダリル・ハンナ
カール・フォックス:マーティン・シーン
リンチ:ジェームズ・カレン
マーヴィン:ジョン・C・マッギンリー

■スタッフ
監督 オリバー・ストーン
脚本 スタンリー・ワイザー/オリバー・ストーン
製作 エドワード・R・プレスマン

よっち
よっち

ゴードン・ゲッコー役のマイケル・ダグラスはこの作品でアカデミー主演男優賞を受賞しています。

映画『ウォール街』の視聴方法・スクリプト

映画『ウォール街』は、動画配信サービスのU-NEXTで視聴できます。

U-NEXTは初月31日間は無料で利用できるのでおすすめです。

U-NEXTはこちらから「お試し」で登録してみてください。期間内に解約すればお金は一切かかりません。

英語字幕はないので以下のスクリプトを見ながら英語学習に取り組んでみてください。

映画『ウォール街』スクリプト

よっち
よっち

「英語字幕なし」での英語学習は、初心者には難易度が高いので注意してください。

スポンサーリンク

映画『ウォール街』が英語学習に最適な理由

ではここから、映画『ウォール街』が英語学習に最適な理由を解説していきます。

中級~上級クラスの英語難易度

映画『ウォール街』は、金融、株式、投資、景気、雇用など経済にまつわる専門用語が飛び交い、英語で経済新聞が読めるようになるほど充実した内容です。

英語難易度は中級~上級クラスで、これらが理解できると相当な英語力が身に付きます。

スピーチの練習に最適

テルダー製紙の株主総会でのゲッコーのスピーチは、映画史にも残る名シーンで英語学習教材としてもとても役立ちます。

よっち
よっち

スピーチの専門家の指導を受けてトレーニングを積んだとも言われています。

プレゼンやスピーチ、リーダーシップの英語を学びたい人に最適で、何度も視聴して理解できるようにトレーニングしてみてください。

映画『ウォール街』はこんな方におすすめ

  • ビジネス英語を学びたい方
  • 金融関係の英語を学びたい方
  • レベルの高い英語を学びたい方

『ウォール街』は、金融業界で働くビジネスパーソンや投資家・トレーダーの方におすすめしたい作品です。

映画『ウォール街』の名言・セリフ

映画『ウォール街』には心に響く名言・セリフがあります。そのいくつかをご紹介します。

名言・セリフ①

I appreciate the opportunity you’re giving me.

あなたが与えてくれているチャンスに感謝します。

映画『ウォール街』

名言・セリフ②

Greed, for lack of a better word, is good.

言葉は悪いが、欲は善だ。

映画『ウォール街』

名言・セリフ③

Is that what you want, goddamn it? You tried to kill yourself.

金は今日暮らせるだけあればいいんだ

映画『ウォール街』

名言・セリフ④

Is that what you want, goddamn it? You tried to kill yourself.

金は今日暮らせるだけあればいいんだ

映画『ウォール街』

名言・セリフ⑤

They’ll take five years to come around.

あと5年は赤字だよ。

映画『ウォール街』

名言・セリフ⑥

What’s your marketing strategy? How will you return us to profitability?

黒字にするマーケティング戦略は?

映画『ウォール街』
スポンサーリンク

映画『ウォール街』を使った英語勉強法

映画『ウォール街』を使った初心者向け英語勉強法は、シャドーイングとディクテーションです。

シャドーイングとは、セリフを即座に復唱していく英語勉強法です。シャドーイングによってネイティブの発音や表現、会話のリズムが身につきます。

ディクテーションとは、聞き取った英語を文字に書き起こす英語勉強法です。ディクテーションによって英語の細かい発音まで聞き取れるリスニング力が身につきます。

特に、シャドーイングは「リスニング」と「スピーキング」、「リーディング」が学習できる最高の勉強法なので是非実践してみてください。

詳しくは以下の記事で解説しています。

また、英会話の勉強にはオンライン英会話がとても役立ちます。実践練習に最適で料金も手ごろな価格で始められます。

おすすめは学研が運営している「Kimini」です。月額5,480円で初回10回は無料で利用できるので、まずはお試しから始めてみてください。

Kiminiを10回お試しで利用してみる

オンライン英会話については以下の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

【映画ウォール街で英語学習】まとめ

今回は、英語学習に映画『ウォール街』をおすすめする理由について解説してきました。

英語を学びたいなら映画やドラマなどの映像作品が最適で、リアルな英語を聞くことで「話す・聞く」スキルが向上します。

また、英語字幕やスクリプトを読むことで「読む・書く」スキルも上がります。

さらには、さほどお金をかけずに英語学習教材として利用できるのも良い点です。

そのほか、英語学習におすすめできる映画や海外ドラマを以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

今回は以上です。英語学習の参考になれば幸いです

≫ 14日間無料でHuluを利用する

≫ 31日間無料でU-NEXTを利用する

【関連記事】英語学習

英語学習教材
スポンサーリンク
英会話習得マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました