【速報】Audibleが3ヶ月無料キャンペーン中

映画『バグズ・ライフ』は英語で何?英語学習に最適な理由と勉強法

スポンサーリンク
英語学習教材
スポンサーリンク
英語学習者
英語学習者

映画『バグズ・ライフ』は英語で何ですか?英語学習教材として活用できる理由と勉強法もあれば知りたいです。

このようなお悩みを解決します。

✅本記事の内容

  • 『バグズ・ライフ』は英語で何?
  • 映画『バグズ・ライフ』のあらすじ
  • 映画『バグズ・ライフ』が英語学習に最適な理由
  • 映画『バグズ・ライフ』を使った英語勉強法

皆さんは、『バグズ・ライフ』をご存知ですか?

『バグズ・ライフ』は、1998年に公開されたピクサー製作のアニメ映画で、小さな“虫たち(バグズ)”の世界を舞台にした冒険ファンタジー作品です。

この『バグズ・ライフ』は、英語学習教材として活用できる映画で、「英会話を習得したい」と考えている方には必見です。

今回は、そんな『バグズ・ライフ』がなぜ英語学習におすすめなのか。その理由と勉強法について詳しく解説していきます。

これを読めば『バグズ・ライフ』の魅力と、楽しく英語を勉強する方法が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

映画『バグズ・ライフ』の英語タイトルと意味

映画『バグズ・ライフ』の英語タイトルは「A Bug’s Life」です。

「Bug」は“虫”という意味で、日本語訳は「虫の人生」となります。

スポンサーリンク

『バグズ・ライフ』ってどんな映画?

映画『バグズ・ライフ』のあらすじ

アリたちの国をおびやかすバッタのホッパーたちから仲間を守るため、「用心棒」探しの旅に出たフリック。

彼が連れて帰ったのは、男っぽい性格とキュートな外見にギャップのあるテントウ虫のフランシスや、くいしんぼうイモ虫のハイムリックたち。勇者だと思って歓迎した彼らが実はサーカスの団員だと知ったアリたちは、フリックを追放することに。

小さなドット姫にはげまされ、フリックが考えた一発逆転のホッパー撃退作戦とは!?

https://www.disney.co.jp/

映画『バグズ・ライフ』の登場人物

■主要キャスト
フリック:デイヴ・フォーリー
ホッパー:ケヴィン・スペイシー
アッタ姫:ジュリアルイス=ドレイファス
ドット姫:へイデン・パネッティーア
スリム:デヴィッド・ハイド・ピアース

■スタッフ
監督:ジョン・ラセター
共同監督:アンドリュー・スタントン
製作:ダーラ・K・アンダーソン、ケヴィン・リハー
脚本:アンドリュー・スタントン、ドナルド・マッケネリー、ボブ・ショー

https://www.disney.co.jp/

映画『バグズ・ライフ』の視聴方法・スクリプト

映画『バグズ・ライフ』は、動画配信サービスの「ディズニープラス」で視聴できます。

以下のサイトでスクリプトを見ながら英語学習してみてください。

映画『バグズ・ライフ』スクリプト

また、U-NEXTなら毎月1200円分のポイントが貰えるので、そのポイントで『バグズ・ライフ』を見ることが出来ます。(初月は600ポイント)

U-NEXTには英語字幕がないですが、31日間無料で利用できるのが魅力です。

U-NEXTはこちらから「お試し」で登録してみてください。

よっち
よっち

「英語字幕なし」での英語学習は、初心者には難易度が高いので注意してください。

スポンサーリンク

映画『バグズ・ライフ』が英語学習に最適な理由

ではここから、映画『バグズ・ライフ』が英語学習に最適な理由を解説していきます。

初級~中級クラスの英語難易度

映画『バグズ・ライフ』で使われている英語のほとんどは中学校で習う英語です。

なので、英語難易度は初級~中級クラス。

虫に関する単語や非日常的な戦いの表現などもありますが、英語初心者にもおすすめできる作品です。

クリアで聞き取りやすい英語

映画『バグズ・ライフ』は、クリアで聞き取りやすい英語で話されています。

会話スピード・テンポも速すぎない適度な速さなので英語初心者でも理解しやすいです。

よっち
よっち

映画を何度も見て聞き取れるようにトレーニングしましょう

子供と一緒に英語学習できる

映画『バグズ・ライフ』は、小さな虫たちの世界で繰り広げられる笑いと冒険のファンタジー作品です。

子供から大人まで幅広く楽しめる内容で、英語がわからなくても美しい映像作品として鑑賞できます。

よっち
よっち

「英語に興味を持つ」キッカケとしてもオススメです。

映画『バグズ・ライフ』はこんな方におすすめ

  • 日常で役立つ英語を学びたい方
  • 楽しく英語を勉強したい方
  • 子供に英語を学ばせたい方

日常で役立つ英会話フレーズ

映画『バグズ・ライフ』には、日常で役立つ英会話フレーズがたくさん出てきます。

  • You’re weird, but I like you.「あなたって変わってるのね。でもあなたのこと好きよ」
  • I’ve spenta lot of time around rocks!「俺はたくさんの時間を石の周りで過ごしたんだよ」
  • I think he’s gonna make it.「成功するわ」
  • Run for your lives!「逃げろ!」
  • Hey, maybe we can cheer him up a bit.「励まそう」
  • You have given us so much.「お世話になりました」
よっち
よっち

中学校で習った単語・構文・イディオムが使われています。

映画『バグズ・ライフ』の名言・セリフ

映画『バグズ・ライフ』には心に響く名言・セリフがあります。そのいくつかをご紹介します。

名言・セリフ①

You might not feel like you can do much now, but that’s just because,well, you’re not a tree yet. You just have to give yourself some time. You’re still a seed.

今は大きなことをできないように感じるかもしれないけど、それはまだ君が木じゃないからなんだ。ただ時間が必要なだけなんだよ、まだ君は種だからね。

映画『バグズ・ライフ』

名言・セリフ②

Here I go. For the country, and for oppressed ants everywhere!

行くぞ 僕達の国と抑圧されたすべてのアリのために!

映画『バグズ・ライフ』

名言・セリフ③

Honey, relax. You should be proud of yourself. Your instincts on that boy were right on the money.

アッタ胸をはるのよ。決断は正しかったわ。

映画『バグズ・ライフ』

名言・セリフ④

I never thought I’d see the day when an ant would put himself before the rest of his colony.

仲間の安全より自分の思いつきが大事とは軽蔑します。裏切るなんて。

映画『バグズ・ライフ』

名言・セリフ⑤

I wanna thank all of you for giving us back our hope, our dignity, and our lives.

皆さんのおかげで希望を取り戻せたわ 誇りとアリらしい生き方も。

映画『バグズ・ライフ』
スポンサーリンク

映画『バグズ・ライフ』を使った英語勉強法

映画『バグズ・ライフ』を使った初心者向け英語勉強法は、シャドーイングとディクテーションです。

シャドーイングとは、セリフを即座に復唱していく英語勉強法です。シャドーイングによってネイティブの発音や表現、会話のリズムが身につきます。

ディクテーションとは、聞き取った英語を文字に書き起こす英語勉強法です。ディクテーションによって英語の細かい発音まで聞き取れるリスニング力が身につきます。

特に、シャドーイングは「リスニング」と「スピーキング」、「リーディング」が学習できる最高の勉強法なので是非実践してみてください。

詳しくは以下の記事で解説しています。

また、英会話の勉強にはオンライン英会話がとても役立ちます。実践練習に最適で料金も手ごろな価格で始められます。

おすすめは学研が運営している「Kimini」です。月額5,480円で初回10回は無料で利用できるので、まずはお試しから始めてみてください。

Kiminiを10回お試しで利用してみる

オンライン英会話については以下の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

【映画バグズ・ライフで英語学習】まとめ

今回は、英語学習に映画『バグズ・ライフ』をおすすめする理由について解説してきました。

英語を学びたいなら映画やドラマなどの映像作品が最適で、リアルな英語を聞くことで「話す・聞く」スキルが向上します。

また、英語字幕やスクリプトを読むことで「読む・書く」スキルも上がります。

さらには、さほどお金をかけずに英語学習教材として利用できるのも良い点です。

そのほか、英語学習におすすめできる映画や海外ドラマを以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

今回は以上です。英語学習の参考になれば幸いです

≫ 14日間無料でHuluを利用する

≫ 31日間無料でU-NEXTを利用する

【関連記事】英語学習

英語学習教材
スポンサーリンク
英会話習得マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました