【速報】Audibleが3ヶ月無料キャンペーン中

映画『レミーのおいしいレストラン』は英語で何?英語学習に最適な理由と勉強法

スポンサーリンク
英語学習教材
スポンサーリンク
英語学習者
英語学習者

映画『レミーのおいしいレストラン』を英語でいうと何ですか?英語学習教材として活用できる理由と勉強法もあれば知りたいです。

このようなお悩みを解決します。

✅本記事の内容

  • 映画『レミーのおいしいレストラン』を英語でいうと?
  • 映画『レミーのおいしいレストラン』のあらすじ
  • 映画『レミーのおいしいレストラン』が英語学習に最適な理由
  • 映画『レミーのおいしいレストラン』を使った英語勉強法

皆さんは、2007年に公開されたピクサー・アニメーション・スタジオ製作の映画『レミーのおいしいレストラン』をご存知ですか?

『レミーのおいしいレストラン』は、第80回アカデミー賞長編アニメーション映画賞受賞、脚本賞、作曲賞、録音賞、音響編集賞を受賞し、日本での興行収入は39億円を記録した大ヒット作品です。

この『レミーのおいしいレストラン』は、英語学習教材として活用できる映画で、「英会話を習得したい」と考えている方には必見です。

今回は、そんな『レミーのおいしいレストラン』がなぜ英語学習におすすめなのか。その理由と勉強法について詳しく解説していきます。

これを読めば『レミーのおいしいレストラン』の魅力と、楽しく英語を勉強する方法が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

映画『レミーのおいしいレストラン』の英語タイトル

『レミーのおいしいレストラン』の英語タイトルは「Ratatouille」です。

「Ratatouille(ラタトゥイユ)」とは、フランス南部プロヴァンス地方、ニースの野菜の煮込み料理のこと。

主人公のレミーがネズミ(Rat)であることにかけて、劇場公開時のパンフやポスターでは「Rat・a・too・ee」と「RAT」を強調したりしています。

スポンサーリンク

『レミーのおいしいレストラン』ってどんな映画?

映画『レミーのおいしいレストラン』のあらすじ

料理が大好きなネズミのレミーは、一流レストランのシェフになることを夢見ていた。ある日、姿を家の主人に見つけられ、一族は巣を追われることに。レミーは家族とはぐれてしまい、ひとりぼっちでパリの一軒のレストランにたどり着く。

そこはレミーが尊敬するフレンチ料理人、グストーのレストランだった。そのキッチンでは、見習いシェフのリングイニがヘマをして、スープを台無しにしてしまう。

湧き上がる情熱を抑えきれずキッチンに足を踏み入れたレミーは、夢中になってスープを作り直すが、それをリングイニに目撃されてしまった。

料理の才能が無いことを悩んでいたリングイニは、この小さな天才シェフが人間の言葉を理解してると知り、とんでもないアイデアを思いつく。

「二人で、パリ一番のシェフを目指すんだ!」 シェフを夢見るネズミと、料理が苦手な見習いシェフ ―その出会いはやがて、フランス料理界をも揺るがす“大事件”を巻き起こすのだった・・・。

映画『レミーのおいしいレストラン』の登場人物

■主要キャスト
アルフレッド・リングイニ:ルー・ロマーノ
レミー:パットン・オズワルト
スキナー:イアン・ホルム
ジャンゴ:ブライアン・デネヒー
エミール:ピーター・ソーン
イーゴ:ピーター・オトゥール
オーグスト・グストー:ブラッド・ギャレット
コレット:ジャニーン・ガラファロ

■スタッフ
脚本・監督:ブラッド・バード
製作:ブラッド・ルイス
製作総指揮:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン
ストーリー原案:ヤン・ピンカヴァ、ジム・カポビアンコ、ブラッド・バード
ストーリー監修:マーク・アンドリュース
プロダクション・デザイン:ハーレイ・ジェサップ
音楽:マイケル・ジアッチーノ

https://www.disney.co.jp/
よっち
よっち

アカデミー賞のほか、第65回ゴールデングローブ賞アニメーション映画賞、

第35回アニー賞作品賞など数多くの賞を受賞しています。

映画『レミーのおいしいレストラン』の視聴方法・スクリプト

映画『レミーのおいしいレストラン』は、動画配信サービスの「ディズニープラス」で視聴できます。

以下のサイトでスクリプトを見ながら英語学習してみてください。

映画『レミーのおいしいレストラン』スクリプト

また、U-NEXTなら毎月1200円分のポイントが貰えるので、そのポイントで『レミーのおいしいレストラン』を見ることが出来ます。(初月は600ポイント)

U-NEXTには英語字幕がないですが、31日間無料で利用できるのが魅力です。

U-NEXTはこちらから「お試し」で登録してみてください。

よっち
よっち

「英語字幕なし」での英語学習は、初心者には難易度が高いので注意してください。

スポンサーリンク

映画『レミーのおいしいレストラン』が英語学習に最適な理由

ではここから、映画『レミーのおいしいレストラン』が英語学習に最適な理由を解説していきます。

実用的な英会話が学べる

『レミーのおいしいレストラン』はタイトルの通り、レストランが舞台の作品で料理の作り方やレストランでの仕事などに関連する英語がたくさん出てきます。

よっち
よっち

これらの英語はとても実用的で、例えば海外留学先でのアルバイトやビジネスの現場で活用できます。

特に、仕事を教えるシーンでは論理的にわかりやすく内容を伝えていて、その時の英語はさまざまな場面で応用することができます。

中級~上級クラスの英語難易度

『レミーのおいしいレストラン』は、テンポよく物語が進み会話の量は比較的多め。料理に関する専門的な単語や表現が出てくるので英語難易度は中級~上級クラスといえます。

それでも、語彙を増やしたい方にはおすすめでほかのディズニー作品とは違った英会話スキルを身につけることができます。

映画『レミーのおいしいレストラン』はこんな方におすすめ

  • 留学などでアルバイトを始める方
  • 仕事で役立つ英語が学びたい方
  • 語彙を増やしたい方

『レミーのおいしいレストラン』は、これから留学をして海外で生活する方におすすめの映画です。

「教える」「伝える」など仕事場で不可欠な英語と語彙を学ぶことができます。

日常で役立つ英会話フレーズ

映画『レミーのおいしいレストラン』には、日常で役立つ英会話フレーズがたくさん出てきます。

  • And they are you know ,not so bad as you say they are.「彼らは父さんがいうほど悪くない」
  • If no one wants it, why are we stealing it?「捨てられた物を何で盗むの?」
  • You ever think about what we put into our mouths?「何が口に入るかわからないよ」
  • You can do it! You can make it!「君ならできる!」
  • How dare you cook in my kitchen?「よくも私のキッチンで勝手に料理したな?」
よっち
よっち

中学校で習った単語・構文・イディオムが使われています。

映画『レミーのおいしいレストラン』の名言・セリフ

映画『レミーのおいしいレストラン』には心に響く名言・セリフがあります。そのいくつかをご紹介します。

名言・セリフ①

The only thing predictable about life is its unpredictability.

人生で予測できるたった一つのことは、人生は予測できないっていうことさ。

映画『レミーのおいしいレストラン』

名言・セリフ②

You must not let anyone define your limits because of where you come from. Your only limit is your soul.

どこで生まれたかで自分の限界が決まるわけじゃない。限界をつくってしまうのは、いつも自分の心さ。

映画『レミーのおいしいレストラン』

名言・セリフ③

Not everyone can become a great artist. But a great artist can come from anywhere.

誰もが偉大な芸術家になれるわけではないが、誰がなってもおかしくはない。

映画『レミーのおいしいレストラン』

名言・セリフ④

If you focus on what you left behind, you will never see what lies ahead.

終わったことばかり気にしていたら先にあるものが見えなくなる。

映画『レミーのおいしいレストラン』

名言・セリフ⑤

Now, don’t you feel better, Remy? You’ve helped a nobel cause.

どうだレミー、いい気分だろ?みんなの役に立てるってのは。

映画『レミーのおいしいレストラン』

名言・セリフ⑥

You inspire me. I’m going to risk it all.

君が勇気をくれた。もう何も怖くない。

映画『レミーのおいしいレストラン』
スポンサーリンク

映画『レミーのおいしいレストラン』を使った英語勉強法

映画『レミーのおいしいレストラン』を使った初心者向け英語勉強法は、シャドーイングとディクテーションです。

シャドーイングとは、セリフを即座に復唱していく英語勉強法です。シャドーイングによってネイティブの発音や表現、会話のリズムが身につきます。

ディクテーションとは、聞き取った英語を文字に書き起こす英語勉強法です。ディクテーションによって英語の細かい発音まで聞き取れるリスニング力が身につきます。

特に、シャドーイングは「リスニング」と「スピーキング」、「リーディング」が学習できる最高の勉強法なので是非実践してみてください。

詳しくは以下の記事で解説しています。

また、英会話の勉強にはオンライン英会話がとても役立ちます。実践練習に最適で料金も手ごろな価格で始められます。

おすすめは学研が運営している「Kimini」です。月額5,480円で初回10回は無料で利用できるので、まずはお試しから始めてみてください。

Kiminiを10回お試しで利用してみる

オンライン英会話については以下の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

【映画レミーのおいしいレストランで英語学習】まとめ

今回は、英語学習に映画『レミーのおいしいレストラン』をおすすめする理由について解説してきました。

英語を学びたいなら映画やドラマなどの映像作品が最適で、リアルな英語を聞くことで「話す・聞く」スキルが向上します。

また、英語字幕やスクリプトを読むことで「読む・書く」スキルも上がります。

さらには、さほどお金をかけずに英語学習教材として利用できるのも良い点です。

そのほか、英語学習におすすめできる映画や海外ドラマを以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

今回は以上です。英語学習の参考になれば幸いです

≫ 14日間無料でHuluを利用する

≫ 31日間無料でU-NEXTを利用する

【関連記事】英語学習

英語学習教材
スポンサーリンク
英会話習得マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました