【速報】Audibleが3ヶ月無料キャンペーン中

映画『ターミナル』で英語学習!おすすめの理由と勉強法

スポンサーリンク
英語学習教材
スポンサーリンク
英語学習者
英語学習者

映画『ターミナル』は英語学習教材として活用できますか?勉強法もあれば知りたいです。

このようなお悩みを解決します。

✅本記事の内容

  • 映画『ターミナル』のあらすじ
  • 映画『ターミナル』が英語学習に最適な理由
  • 映画『ターミナル』を使った英語勉強法


皆さんは2004年にアメリカ合衆国で製作された映画『ターミナル』をご存知ですか?

映画『ターミナル』は、トム・ハンクス主演、スティーヴン・スピルバーグ監督のヒューマンドラマです。

この『ターミナル』は、英語学習教材として活用できる映画で、「英会話を習得したい」と考えている方には必見です。

今回は、そんな『ターミナル』がなぜ英語学習におすすめなのか。その理由と勉強法について詳しく解説していきます。

これを読めば『ターミナル』の魅力と、楽しく英語を勉強する方法が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

『ターミナル』ってどんな映画?

『ターミナル』のあらすじ

東ヨーロッパの小国クラコウジアからJFK国際空港に到着したヴィクター。祖国で勃発したクーデターのせいでパスポートが無効となり入国も帰国もできなくなるが、どうしても彼はニューヨークに行かねばならない使命があった。

トラブルを嫌う空港警備局主任ディクソンに煙たがられるも、ヴィクターは入国許可が下りるまで空港内で生活することに。彼は英語を少しずつ覚え、フライト・アテンダントのアメリアたちと交流しはじめる。

https://www.thecinema.jp/
よっち
よっち

9ヶ月間、ターミナルに閉じ込められてしまった男と、ターミナル内の従業員との交流と恋模様を描いた作品です。

映画『ターミナル』の登場人物

■主要キャスト
ビクター・ナボルスキー:トム・ハンクス
アメリア・ウォーレン:キャサリン・ゼタ=ジョーンズ
フランク・ディクソン:スタンリー・トゥッチ
レイ・サーマン:バリー・シャバカ・ヘンリー
ジョー・マルロイ:シャイ・マクブライド
エンリケ・クルズ:ディエゴ・ルナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

『プライベート・ライアン』『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』でタッグを組んだスティーヴン・スピルバーグ監督と名優トム・ハンクスが3度目のタッグを組んだ作品です。

主演のトム・ハンクスは、アメリカで生まれ俳優で1993年公開の『フィラデルフィア』、翌年『フォレスト・ガンプ/一期一会』で2年連続でアカデミー賞主演男優賞を受賞しています。

映画『ターミナル』の視聴方法・スクリプト

映画『ターミナル』は、動画配信サービスのU-NEXT・Netflix・Huluで視聴できます。

Huluなら英語字幕付きで視聴でき、初回14日間は無料で利用できるのでおすすめです。

Huluはこちらから「お試し」で登録してみてください。その期間内に解約すればお金は一切かかりません。

U-NEXTには英語字幕がないですが、31日間無料で利用できるのが魅力です。以下のサイトでスクリプトを見ながら英語学習することもできます。

映画『ターミナル』スクリプト

U-NEXTはこちらから「お試し」で登録してみてください。

よっち
よっち

「英語字幕なし」での英語学習は、初心者には難易度が高いので注意してください。

スポンサーリンク

映画『ターミナル』が英語学習に最適な理由

ではここから、映画『ターミナル』が英語学習に最適な理由を解説していきます。

初級クラスの英語難易度

主人公のビクターは英語が話せないので、周囲の人たちは彼に合わせて優しい英語を使っています。

よっち
よっち

英語を勉強している人にもありがたいです。

英語難易度としては初級クラスです。空港スタッフの英語は通常スピードか早口なのでちょっと難しいかもしれません。

ちなみに、英語を勉強中のビクターの英語は正確なものではないので、映画を見ながら一緒に学習していきましょう。

旅行英会話が学べる

映画『ターミナル』では、旅行に関連したフレーズがたくさん出てくるので旅行英会話の勉強に最適です。

例えば、入国審査のシーンでは以下のような質問をされます。

「What is the purpose of your visit? Business or pleasure?」

「訪問の目的はなんですか?仕事ですか、または余暇を楽しむためですか?」

映画『ターミナル』

「I need to see your return ticket.」

「あなたの帰りのチケットを見る必要があります。」

映画『ターミナル』
よっち
よっち

実用的な英語フレーズを学べます。

英語の勉強の仕方がわかる

主人公のビクターは、ターミナル内で生活しながら英語を勉強し始めるのですが、その過程が英語学習者には参考になります。

まずは英単語を覚え、ネイティブの話し言葉を繰り返す。ポジティブにターミナル内で交流を重ね、最終的には話せるようになります。

よっち
よっち

英語が上達する要素が詰まっています。

映画『ターミナル』の名言・セリフ

映画『ターミナル』にはユニークな名言・セリフがあります。そのいくつかをご紹介します。

名言・セリフ①

「You have two stamp. One red, one green. So, I have chance go New York, 50-50.」

「あなたは2つのスタンプを持っている。1つは赤で、1つは緑。だから、僕がニューヨークに行ける確率は50-50。」

映画『ターミナル』

入国係官のドロレスにビクターが片言でジョークを言うシーン。

名言・セリフ②

「I want to know what makes her knees weak.」

「彼女は何でメロメロになるのか知りたいんだ」

映画『ターミナル』

空港で働くエンリケとビクターの会話。好きな女性を落としたいから情報収集するようにお願いするシーン。

名言・セリフ③

「You say you are waiting for something. And I say to you, “Yes, yes. We all wait”」

「君は何かを待っていると言った。そして僕も君に言った。“そうだ。誰もが待っている”って」

映画『ターミナル』

アメリアとビクターの会話。ビクターはアメリアのことも待っていることを話す。

スポンサーリンク

映画『ターミナル』を使った英語勉強法

映画『ターミナル』を使った初心者向け英語勉強法は、シャドーイングとディクテーションです。

シャドーイングとは、セリフを即座に復唱していく英語勉強法です。シャドーイングによってネイティブの発音や表現、会話のリズムが身につきます。

ディクテーションとは、聞き取った英語を文字に書き起こす英語勉強法です。ディクテーションによって英語の細かい発音まで聞き取れるリスニング力が身につきます。

特に、シャドーイングは「リスニング」と「スピーキング」、「リーディング」が学習できる最高の勉強法なので是非実践してみてください。

詳しくは以下の記事で解説しています。

また、英会話の勉強にはオンライン英会話がとても役立ちます。実践練習に最適で料金も手ごろな価格で始められます。

おすすめは学研が運営している「Kimini」です。月額5,480円で初回10回は無料で利用できるので、まずはお試しから始めてみてください。

Kiminiを10回お試しで利用してみる

オンライン英会話については以下の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

【映画ターミナルで英語学習】まとめ

今回は、英語学習に映画『ターミナル』をおすすめする理由について解説してきました。

英語を学びたいなら映画やドラマなどの映像作品が最適で、リアルな英語を聞くことで「話す・聞く」スキルが向上します。

また、英語字幕やスクリプトを読むことで「読む・書く」スキルも上がります。

さらには、さほどお金をかけずに英語学習教材として利用できるのも良い点です。

そのほか、英語学習におすすめできる映画や海外ドラマを以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

今回は以上です。英語学習の参考になれば幸いです。

≫ 14日間無料でHuluを利用する

≫ 31日間無料でU-NEXTを利用する

【関連記事】英語学習

英語学習教材
スポンサーリンク
英会話習得マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました