【速報】Audibleが3ヶ月無料キャンペーン中

映画『ダンボ』は英語で何?英語学習におすすめの理由と勉強法

スポンサーリンク
英語学習教材
スポンサーリンク
英語学習者
英語学習者

映画『ダンボ』は英語で何といいますか?英語学習教材として活用できる理由と勉強法もあれば知りたいです。

このようなお悩みを解決します。

✅本記事の内容

  • 『ダンボ』は英語で何?
  • 映画『ダンボ』のあらすじ
  • 映画『ダンボ』が英語学習に最適な理由
  • 映画『ダンボ』を使った英語勉強法

皆さんは映画『ダンボ』をご存知ですか?

『ダンボ』は、1941年に公開されたディズニー制作のアニメーション長編映画作品で、友情や愛情に支えられながら、ありのままの自分を信じて大空を舞うダンボのひたむきな姿を描いた物語です。

この『ダンボ』は、英語学習教材として活用できる映画で、「英会話を習得したい」と考えている方には必見です。

今回は、そんな『ダンボ』がなぜ英語学習におすすめなのか。その理由と勉強法について詳しく解説していきます。

これを読めば『ダンボ』の魅力と、楽しく英語を勉強する方法が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

映画『ダンボ』の英語タイトル

映画『ダンボ』の英語タイトルは「Dumbo」です。

日本では1954年に『空飛ぶゾウ ダンボ』という題名で公開されています。

名前の由来は、「ダンボ」の親の名前「Jumbo(ジャンボ)」と「のろまな、まぬけな」という意味の英語 「dumb(ダム)」を組み合わせた造語です。

よっち
よっち

以後日本では、耳の大きな人を「ダンボ」、聞き耳を立てることを「耳をダンボにする」などの表現が生まれています。

スポンサーリンク

『ダンボ』ってどんな映画?

映画『ダンボ』のあらすじ

サーカスの象ジャンボのもとに、コウノトリが赤ちゃんを運んできました。ジャンボは、心からの愛情をもって大切に育てますが、その子の耳があまりにも大きかったので、ほかの象たちから“ダンボ”と呼ばれて仲間はずれにされてしまいます。

悲しみに沈むダンボを勇気づけてくれたのは、ネズミのティモシー。ティモシーは、その大きな耳を褒め、ダンボをサーカスのスターにしようと懸命に知恵をしぼります。そして、ついに夢がかなう日がやってきます…。

https://www.disney.co.jp/

映画『ダンボ』の登場人物

■主要キャスト
ティモシー・マウス:エドワード・ブロフィ
ジャンボ:ヴェルナ・フェルトン
メイトリアーク:ヴェルナ・フェルトン
団長:ハーマン・ビング
コウノトリ:スターリング・ホロウェイ
キャティ:ノリーン・ガミル

■スタッフ
製作:ウォルト・ディズニー
原作:ヘレン・アバーソン、ハロルド・パール
脚本:ジョー・グラント
監督:ベン・シャープスティーンアニメーター:フレッド・ムーア、ウォード・キンボール
音楽:オリバー・ウォレス、フランク・チャーチル

https://www.disney.co.jp/

映画『ダンボ』の視聴方法・スクリプト

映画『ダンボ』は、動画配信サービスの「ディズニープラス」で視聴できます。

以下のサイトでスクリプトを見ながら英語学習してみてください。

映画『ダンボ』のスクリプト

また、U-NEXTなら毎月1200円分のポイントが貰えるので、そのポイントで『ダンボ』を見ることが出来ます。(初月は600ポイント)

U-NEXTには英語字幕がないですが、31日間無料で利用できるのが魅力です。

U-NEXTはこちらから「お試し」で登録してみてください。

よっち
よっち

「英語字幕なし」での英語学習は、初心者には難易度が高いので注意してください。

スポンサーリンク

映画『ダンボ』が英語学習に最適な理由

ではここから、映画『ダンボ』が英語学習に最適な理由を解説していきます。

初級~中級クラスの英語難易度

『ダンボ』は、子供向けの映画なので使われている英語は易しいですが、キャラクターはそれぞれがやや早口で話すので少し聞き取りにくいです。

それでも作品の会話量は多くないので、英語難易度は初級~中級クラスといえます。

よっち
よっち

映画を何度も見て聞き取れるようにトレーニングしましょう。

子供と一緒に英語学習できる

『ダンボ』は、子供たちから大人まで幅広く人気のある作品です。

英語がわからなくても映像や歌で映画を楽しめるので、「英語に興味を持つ」キッカケとしてもオススメできます。

よっち
よっち

子供でも理解できる初心者向けの作品なので、親子で英語学習するには最適です。

アニメ版になれたら実写版で英語学習

『ダンボ』は、2019年にティム・バートン監督で実写映画化されています。

実写版の方が英語難易度は高いので、アニメ版になれたら実写版で英語学習してみましょう。

ストーリーやある程度のセリフは理解できているので、より実践的な英会話フレーズを学習できます。

映画『ダンボ』はこんな方におすすめ

  • 人気のディズニー作品で英語を学びたい方
  • 楽しく英語を勉強したい方
  • 子供に英語を学ばせたい方

映画『ダンボ』は上映時間が約64分と短めなので、英語を反復練習するのはおすすめの教材です。

映画『ダンボ』の名言・セリフ

映画『ダンボ』には心に響く名言・セリフがあります。そのいくつかをご紹介します。

名言・セリフ①

Yes, him with those ears that only a mother could love.

ええ、母親だけが愛せる耳を持った彼だから

映画『ダンボ』

名言・セリフ②

What’s the matter with his ears ? I don’t see nothing wrong with him.

あの子の耳のどこが悪いの?

映画『ダンボ』

名言・セリフ③

You’re standing on the threshold of success. Don’t look down, it’ll make you dizzy.

おまえは成功の入り口に立っているんだ。下を見るな。めまいがするぞ。

映画『ダンボ』

名言・セリフ④

Don’t just fly, soar.

ただ飛ぶんじゃない舞うんだ!

映画『ダンボ』
スポンサーリンク

映画『ダンボ』を使った英語勉強法

映画『ダンボ』を使った初心者向け英語勉強法は、シャドーイングとディクテーションです。

シャドーイングとは、セリフを即座に復唱していく英語勉強法です。シャドーイングによってネイティブの発音や表現、会話のリズムが身につきます。

ディクテーションとは、聞き取った英語を文字に書き起こす英語勉強法です。ディクテーションによって英語の細かい発音まで聞き取れるリスニング力が身につきます。

特に、シャドーイングは「リスニング」と「スピーキング」、「リーディング」が学習できる最高の勉強法なので是非実践してみてください。

詳しくは以下の記事で解説しています。

また、英会話の勉強にはオンライン英会話がとても役立ちます。実践練習に最適で料金も手ごろな価格で始められます。

おすすめは学研が運営している「Kimini」です。月額5,480円で初回10回は無料で利用できるので、まずはお試しから始めてみてください。

Kiminiを10回お試しで利用してみる

オンライン英会話については以下の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

【映画ダンボで英語学習】まとめ

今回は、英語学習に映画『ダンボ』をおすすめする理由について解説してきました。

英語を学びたいなら映画やドラマなどの映像作品が最適で、リアルな英語を聞くことで「話す・聞く」スキルが向上します。

また、英語字幕やスクリプトを読むことで「読む・書く」スキルも上がります。

さらには、さほどお金をかけずに英語学習教材として利用できるのも良い点です。

そのほか、英語学習におすすめできる映画や海外ドラマを以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

今回は以上です。英語学習の参考になれば幸いです

≫ 14日間無料でHuluを利用する

≫ 31日間無料でU-NEXTを利用する

【関連記事】英語学習

英語学習教材
スポンサーリンク
英会話習得マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました