【速報】Audibleが3ヶ月無料キャンペーン中

映画『ピーター・パン』は英語で何?英語学習に最適な理由と勉強法

スポンサーリンク
英語学習教材
スポンサーリンク
英語学習者
英語学習者

映画『ピーター・パン』は英語で何ですか?英語学習教材として活用できる理由と勉強法もあれば知りたいです。

このようなお悩みを解決します。

✅本記事の内容

  • 『ピーター・パン』は英語で何?
  • 映画『ピーター・パン』のあらすじ
  • 映画『ピーター・パン』が英語学習に最適な理由
  • 映画『ピーター・パン』を使った英語勉強法

皆さんは映画『ピーター・パン』をご存知ですか?

『ピーター・パン』は、1953年に公開されたディズニーの長編アニメーション作品で、ピーター・パンとティンカー・ベルの案内でネバーランドへやって来たウェンディたちの冒険を描いた名作映画です。

よっち
よっち

2021年現在、実写映画『ピーター・パン&ウェンディ(原題)』が撮影されています。

この『ピーター・パン』は、英語学習教材として活用できる映画で、「英会話を習得したい」と考えている方には必見です。

今回は、そんな『ピーター・パン』がなぜ英語学習におすすめなのか。その理由と勉強法について詳しく解説していきます。

これを読めば『ピーター・パン』の魅力と、楽しく英語を勉強する方法が理解できるので、ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

映画『ピーター・パン』の英語タイトル

映画『ピーター・パン』の英語タイトルは「Peter Pan」です。

『ピーターパン』の原作はイギリス・スコットランドの作家であるジェームス・マシュー・バリーが1904年に執筆した童話劇『大人になりたくないピーターパン』です。

その後、その作品にジェームス自身が筆を加え、1911年に長編小説『ピーター・パンとウェンディ』を出版しています。

よっち
よっち

次作実写映画の英語タイトルも「Peter Pan & Wendy」です。

スポンサーリンク

『ピーター・パン』ってどんな映画?

映画『ピーター・パン』のあらすじ

ロンドンの街外れに、ウェンディという優しい女の子が住んでいました。そのウェンディが子ども部屋で過ごす最後の晩のことでした。

いつまでも12歳のままの不思議な少年ピーターパンと、焼きもちやきのティンカー・ベルがやって来たのです。そしてウェンディと弟たちを“ネバーランド”へ招待します。

ティンカー・ベルの粉をちょっとふりかけて、右から二番目の星を目指してまっすぐに飛んでいけば、そこは大人にならなくてもいい島“ネバーランド”!

ところが、ピーター・パンを目の敵にしている海賊、フック船長の悪だくみに巻きこまれて・・・。

映画『ピーター・パン』の登場人物

■主要キャスト
ピーター・パン:ボビー・ドリスコール
ウェンディ:キャサリン・ボーモント
フック船長:ハンス・コンリード
ジョン:ポール・コリンズ
マイケル:トミー・ラスク
スミー:ビル・トンプソン
タイガー・リリー

■スタッフ
製作:ウォルト・ディズニー
原作:ジェームズ・M・バリー
監督:ハミルトン・ラスク、クライド・ジェロニミ、ウィルフレッド・ジャクソン
脚本:テッド・シアーズ、アードマン・ペナー
音楽:オリバー・ウォレス

https://www.disney.co.jp/

映画『ピーター・パン』の視聴方法・スクリプト

映画『ピーター・パン』は、動画配信サービスの「ディズニープラス」で視聴できます。

以下のサイトでスクリプトを見ながら英語学習してみてください。

映画『ピーター・パン』スクリプト

また、U-NEXTなら毎月1200円分のポイントが貰えるので、そのポイントで『ピーター・パン』を見ることが出来ます。(初月は600ポイント)

U-NEXTには英語字幕がないですが、31日間無料で利用できるのが魅力です。

U-NEXTはこちらから「お試し」で登録してみてください。

よっち
よっち

「英語字幕なし」での英語学習は、初心者には難易度が高いので注意してください。

スポンサーリンク

映画『ピーター・パン』が英語学習に最適な理由

ではここから、映画『ピーター・パン』が英語学習に最適な理由を解説していきます。

初級クラスの英語難易度

『ピーター・パン』は、子供向けの映画なので使われている英語は易しいです。

英語難易度は初級クラス。英語初心者にもおすすめできる作品です。

クリアで聞き取りやすい英語

映画『ピーター・パン』は、クリアで聞き取りやすい英語で話されています。

会話スピード・テンポも速すぎない適度な速さなので英語初心者でも理解しやすいです。

よっち
よっち

映画を何度も見て聞き取れるようにトレーニングしましょう。

子供と一緒に英語学習できる

『ピーター・パン』は、子供たちから大人まで幅広く人気のある作品です。

英語がわからなくても映像や歌で映画を楽しめるので、「英語に興味を持つ」キッカケとしてもオススメできます。

よっち
よっち

子供でも理解できる初心者向けの作品なので、親子で英語学習するには最適です。

日常で役立つ英会話フレーズ

映画『ピーター・パン』には、日常で役立つ英会話フレーズがたくさん出てきます。

  • I don’t want to grow up.「私、大人になりたくないの」
  • I can’t come back here again「二度とここには戻れないぞ
  • I’ve waited years for this.「私はこれを長年待っていたのだ」
  • You can fly!「君は飛べる!」
  • No, keep your promise「だめだ、約束は守る」
よっち
よっち

中学校で習った単語・構文・イディオムが使われています。

映画『ピーター・パン』の名言・セリフ

映画『ピーター・パン』には心に響く名言・セリフがあります。そのいくつかをご紹介します。

名言・セリフ①

You mean more to me than anything in this whole world.

この世界で一番大切なのは君なんだぞ

映画『ピーター・パン』

名言・セリフ②

I’ll get you for this, Pan, if it’s the last thing I do!

覚えていろよ、このかたきは必ず討つからな。

映画『ピーター・パン』

名言・セリフ③

Think of the happiest things. It’s the same as having wings.

幸せなことを考えれば、翼がはえたのと同じ

映画『ピーター・パン』

名言・セリフ④

All it takes is faith and trust.

必要なのは、信じることさ!

映画『ピーター・パン』

名言・セリフ⑤

Never say good bye, because saying good bye means going away, and going away means forgetting.

さよならを言ってはだめだ。なぜならさよならは去ることを意味し、去ることは忘れることを意味するから。

映画『ピーター・パン』
スポンサーリンク

映画『ピーター・パン』を使った英語勉強法

映画『ピーター・パン』を使った初心者向け英語勉強法は、シャドーイングとディクテーションです。

シャドーイングとは、セリフを即座に復唱していく英語勉強法です。シャドーイングによってネイティブの発音や表現、会話のリズムが身につきます。

ディクテーションとは、聞き取った英語を文字に書き起こす英語勉強法です。ディクテーションによって英語の細かい発音まで聞き取れるリスニング力が身につきます。

特に、シャドーイングは「リスニング」と「スピーキング」、「リーディング」が学習できる最高の勉強法なので是非実践してみてください。

詳しくは以下の記事で解説しています。

また、英会話の勉強にはオンライン英会話がとても役立ちます。実践練習に最適で料金も手ごろな価格で始められます。

おすすめは学研が運営している「Kimini」です。月額5,480円で初回10回は無料で利用できるので、まずはお試しから始めてみてください。

Kiminiを10回お試しで利用してみる

オンライン英会話については以下の記事で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

【映画ピーター・パンで英語学習】まとめ

今回は、英語学習に映画『ピーター・パン』をおすすめする理由について解説してきました。

英語を学びたいなら映画やドラマなどの映像作品が最適で、リアルな英語を聞くことで「話す・聞く」スキルが向上します。

また、英語字幕やスクリプトを読むことで「読む・書く」スキルも上がります。

さらには、さほどお金をかけずに英語学習教材として利用できるのも良い点です。

そのほか、英語学習におすすめできる映画や海外ドラマを以下の記事で解説しているので合わせてご覧ください。

今回は以上です。英語学習の参考になれば幸いです

≫ 14日間無料でHuluを利用する

≫ 31日間無料でU-NEXTを利用する

【関連記事】英語学習

英語学習教材
スポンサーリンク
英会話習得マニュアル

コメント

タイトルとURLをコピーしました